2017/04 ≪  2017/05 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017/06
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
鮎の一夜干し@安春計 博多
2013/06/30(Sun)
19_20130630071010.jpg
スポンサーサイト
この記事のURL | 博多 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
鮎の一夜干LOVE@安春計(あすけ) 博多
2013/06/24(Mon)
友人とともに初訪問の安春計(あすけ)へ


まずは友人お手製の梅酒
花垣で漬けた梅酒はフルーティ


しょっこ
体長30センチ程度のカンパチの子供を通称「ショッコ」と呼ばれるそうです。
むっちりとした食感といい意味で油がのっていなくてさわやかな食感。


大分の赤貝
最近は東京でも大分ものが多いのですが、こちらはご近所ですので以前から大分のものがおいしいとのこと。


今日の1番、アジの炙り 柚子胡椒を添えて
くらっとするくらいおいしかった!!!


アワビ
贅沢に切っていただきました。


もろみとうに 佐賀の七山産大根とともに
玄界灘は糸島だったかなのウニにもろみをあえて、瑞々しい大根とともにいただくと、実にピッタリな組み合わせ。佐賀の七山産の大根がポイントのようです。



もうひとつの今日の1番は鮎の一夜干し!!!
くらっとするくらいおいしい。鮎フリークにはこたえられません。もう1皿食べたいかった(笑)


あんきも
碑文谷の吉法師、阿佐ケ谷のつまみの多い鮨屋に次ぐくらいおいしい。
ふわっとした食感と素晴らしい鮮度、ソースがまたよかった。


水ナスの漬物、小肌

 


かすご、おいしい。蛤

 

ウニ、穴子

 

こちらのお酒は三千盛のみでした。

そして何よりも友人たちと賑やかにおいしく楽しい時間を共有できて楽しい晩でした、

ありがとうございました♪

20130622 国内 博多 鮨 飲んだお酒 日本酒












この記事のURL | 国内 博多 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
平塚明太子 辛口
2013/06/24(Mon)
博多でのお気に入り明太子は『中弥』『あごおとし』『椒房庵 柚子』の3つなのですが、友人のお勧めの明太子も手に入れてきました。

平塚明太子 辛口
見た目、赤いです。中辛と辛口があったのですが、他の明太子に比べ辛みが強い印象。駅のデイトスで味見して辛口の方がもちろん辛いけど旨味もいっぱいな感じで辛口を購入。


さすがにこれは一腹ぺろりというわけにはいきませんが、ご飯が進んで困ります(笑)

20130623 国内 博多 北九州 めんたいこ


この記事のURL | 国内 博多 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ソースが合うしゅうまい@耕治 小倉
2013/06/24(Mon)
小倉の友人から教えていただいて買ってきた耕治のしゅうまい


お肉みっちり、口の中でほろほろ溶けるようなしゅうまいは神宮前の福蘭にもちょっと似ています。お店からの食べ方には『酢醤油に辛子、もしくは若い方にはソースも好評です』と。酢醤油ではちょっとなんだか違和感があったので中濃ソースを試してみたら、びっくり!こってりとして酸味のあるソースがこのしゅうまいに本当に合うのです。これは嵌ってしまいそう(笑)

20130623 国内 小倉 中華 しゅうまい


この記事のURL | 国内 博多 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
まじゃくの唐揚げ@隆盛 博多
2013/06/22(Sat)
ちょっと揺れるエアでなんとか博多到着!

早速、隆盛さんへ

まずは和歌山の黒牛
黒牛の海 紅にほふ ももしきの 大宮人し 漁(あさり)すらしも 藤原房前 黒牛潟
いにしへに 妹と我が見し ぬばたまの 黒牛潟を見れば 寂しも  柿本人麻呂
黒牛潟 潮干の浦を 紅の 玉裳裾引き 行くは誰が妻 作者不詳
万葉集に歌われたのは和歌山県海南市黒江の周囲は美しい入江で、多数の岩が波に見え隠れしており、その黒く大きな岩が黒い牛のように見えた為、当時はこの周囲は黒牛潟と呼ばれていたそうです。これは本当に良いお酒でした。



まじゃくの唐揚げ
あなじゃことも呼ばれるそうですが、蝦蛄とは別の生き物だそうです。でも見た目は蝦蛄ですね。日本から台湾・黄海まで生息するそうですが、食材として利用されるのは岡山、熊本、台湾西部のみのようです。熊本県荒尾市では有明海の干潟で採れるものを「まじゃく」と称して、塩ゆで、天ぷら、素揚げなどにして食べることが多いそうです。


そして、すりつぶして塩辛としたものは「しゃくみそ」といわれるそうです。
これが危険なくらいにお酒が進んで困ります(笑)


鱧の湯引き
左から腸、皮4種、浮き袋、肝、そして珍しい真子
真子は透明感のある味


鯨の畝、沖縄の生マグロ、鱧


鯨 鹿の子 生と炙りで


えつの南蛮漬け

先日は塩辛をいただきましたが、今が旬


カニ玉はカニみそ入り、ホワイトアスパラとともに
カニみそが入って大人のカニ玉です♪


天然ウナギ
むちっと身が厚くおいしい


強肴
稚鮎の目刺、エツのからすみとその燻製
燻製は初だそうですが、おいしい♪



すっかり飲み過ぎて、ふらふらです(笑)
さらにWESTでごぼ天うどんまで・・・・・・・食べすぎな晩でした。


20130621 国内 博多 好きな店 飲んだお酒 日本酒 鯨


この記事のURL | 国内 博多 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。