2017/03 ≪  2017/04 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017/05
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
フキご飯
2011/05/29(Sun)
大振りな遠野フキ。コロボックルがでてきそうですが、遠野からなので何が出てくるのでしょう。
1_20110529223226.jpg

塩ずりし下ごしらえ
2_20110529223225.jpg

フキご飯の炊き上がり
3_20110529223225.jpg

ちょっと色合いが今ひとつですが、香りは満足。
4_20110529223224.jpg


20110529 お家ご飯
スポンサーサイト
この記事のURL | お家で食事 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
赤飯の炊き方 覚書
2011/05/03(Tue)
久しぶりでお赤飯を炊こうと思ったらレシピ紛失。
ネットで調べていたらまりあんさんのレシピが今日の段取り的にはちょうどよさそうなので試してみようと思います。

忘れないようにメモ!
http://mw17.exblog.jp/9379012/
http://mw17.exblog.jp/9352639/

mugicaさんのレシピ
材料:
もち米 5カップ 小豆150cc(多めなので好みで加減) 
塩小4/5(小豆用)+小2(もち米用) 
①もち米を洗い、水に浸す。お米の表面より1~2cmかぶるくらいに水を入れ、1時間半浸す。それ以上浸すとお米の味が水に出てしまうからだそうです。時間内で水がなくなれば少しずつ足すこと。米の浸し汁は後で米に吸わせるので、水が多すぎると旨みが薄くなる。
②小豆を洗い、1.5倍の水ですぐ火にかける。沸騰したら弱火にし、小豆を踊らせないよう途中水気がなくなったら少しずつ足してちょっと固めの状態で塩を加え、ひと煮する。煮汁が小豆に被っているくらいに仕上げる。
③ざるにもち米をあける。浸し汁は捨てず、とっておく。30分くらい水切りし、沸騰した蒸し器に蒸し布をぬらして広げ、もち米を移し、ところどころ穴をあけるようにして蒸気が上がりだしてから20分強火で蒸す。
④蒸している間にささげ汁を作る。ささげ汁はもち米5カップの40%をつくる。小豆汁プラスもち米の浸し汁で400ccに、塩小さじ2をよく混ぜておく。(1カップに米に対し、小さじ2/5の塩)
⑤15分蒸したもち米を大きめのボウルにあけ、④のささげ汁を上からまわしかけしゃもじでよく混ぜ、汁を十分に吸わせる。汁をすってから小豆を加えて混ぜる。
⑥また蒸し器に戻して10分ほど蒸す。固さをみて、少し固めくらいで飯櫃に移し混ぜ、ぬれ布巾をかけてしばらく蓋をして蒸らす。
岐阜のおばあちゃんに習ったレシピです。
少し塩が強いかもしれませんが、我が家(岐阜寄りの愛知)では好評でした。

まりあんさんのコメント
3.お塩なのだが、ご飯に対しては、レシピ通りの分量を入れてみた。
  (豆のお塩をどこで淹れて良いかわからず、省略した)
  そうしたら、やはり、お塩を入れないお赤飯とは全く違う味付けになったので、びっくり。
  何というか、しょっぱいというより、もち米やお豆の甘さが全て抑えられた味付け。
  それはそれで美味しいけれど、こんなにも出来上がりが違うものかと思った。
  慣れると、「この味でなくては」ということになりそうだが、私の場合、お塩が入ったお赤飯を
  食べるのは初めてと思ったが、食べている内に、「そうだ、市販のお赤飯のおにぎりで、
  こういう味のものを食べたことがあるかも」と思い出した。
  そうだ、お赤飯のおにぎりを作る時は、こちらの方が、胡麻だけをふりかければいいし、
  均等に塩味が行くので良いかも。
  後は、一緒に食べるおかずによっては、こちらの方が良いかも知れないと思った。

4.豆であるが、通常、自分で炊くお赤飯のささげのように、アクを取った後、20分くらい煮て、
  完全に柔らかくなる手前で引き上げたのだが、これは失敗だった。
  通常は、完全に柔らかくなる手前で、お豆を引き上げても、その後、炊くのと蒸すので30分
  くらい、熱にかけるから、お赤飯が出来上がる時には、ちょうど良い加減にお豆も柔らかく
  なっているのだ。
  が、mugicaさんレシピは、豆自体を単独で煮た後は、10分蒸すだけしか、熱が入らないのだ。
  そうか、そこのところを考えて、豆は、ほぼ完全に柔らかくした方が良かったと思った。
という感じ。お塩を入れるのなら、やはり、ささげより小豆の方が合うかも知れない

とりあえずささげで塩入れないバージョンの予定。

でも前の晩から作るのんびりバージョンのレシピも探さなきゃ!

追記
日本橋の八木長の90g980円岡山産だるまささげがおいしいらしい。
八木長本店 http://www.yagicho-honten.jp/

20110503 お家ご飯
この記事のURL | お家で食事 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
鮮烈うるい
2011/03/09(Wed)
房総で手に入れてきたうるい、軽く湯がいて一湖庵の鴨味噌でいただきました。身体を目覚めさせてくれるような鮮烈な味覚。
1_20110309052649.jpg


葉は酢味噌であえて美味
2_20110309052648.jpg


20110306 お家ご飯 
この記事のURL | お家で食事 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
のんびりな日曜日
2011/01/10(Mon)
12月はクタクタだったので日曜日はおこたにお籠もり(笑)

栞さんからの絶品牛のたたき
21_20110110040838.jpg


11月から熟成させてあったモンドール ぴったりに熟成が進んでいて嬉しい。
22_20110110040838.jpg


これも頂き物ですがが美味
23_20110110040838.jpg


ぐうたらな日曜日が幸せです。

20101219 お家ご飯 頂き物 お取り寄せ チーズ
この記事のURL | お家で食事 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
三倍麹芋っこ汁
2010/12/18(Sat)
最近のマイブーム、畑先野菜。今週は里芋。
秋田を思い出し大根とともに芋っこ汁に。
味噌は日の丸酒造の三倍麹味噌。見た目はいまひとつですが、旨み満載♪
3_20101218035704.jpg


お家ご飯 味噌 野菜
この記事のURL | お家で食事 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
にんにくのオイル煮@らーぷさんの本から
2010/12/12(Sun)
野菜を料理していたら勢いがついたので
らーぷさんの本からにんにくのオイル煮(ナンカナマエガチガッタヨウナキガスル・・・)
とろ火で煮込むこと20分
8_20101212205349.jpg

ホクホクなにんにくの出来上がり
お味噌は手抜きで一湖庵の鴨味噌。簡単でおいしい!
問題はなんだかビールが飲みたくなってしまいました(笑)
9_20101212205349.jpg


20101212 お家ご飯 らーぷさん
この記事のURL | らーぷさんのお食事 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
大掃除完了!
2010/12/12(Sun)
のんびりな日曜日、朝から家の大掃除。本棚も動かして部屋の片付けはほぼ終了。
後は月一度の妖精さんに仕上げてもらえば完璧(笑)

もう一つの片付け
冷蔵庫には白菜、キャベツなどがゴロンと占拠。
ということで、クリーム煮・・・・になるはずが胡椒をきかせた餡がけに
 5_20101212202359.jpg

キャベツは唐辛子甘酢漬け
6_20101212202359.jpg

さらに白菜は花椒甘酢漬けで全て料理しきりました。
7_20101212202359.jpg


20101212 お家ご飯 ノンジャンル
この記事のURL | お家で食事 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
秋キャベツ
2010/12/05(Sun)
「冬キャベツでなくて春キャベツの種なので柔らかくておいしいよ、いうなれば秋キャベツかな」
と農家の畑先で購入。せっかくのホールキャベツなので、ロールキャベツ
たっぷりとわさびマスタードつけて食べました。あまやかなキャベツがおいしい季節でした。
1_20101205150241.jpg


20101201 お家ご飯
この記事のURL | お家で食事 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
お家でおとなしくしています
2010/11/07(Sun)
腰が痛いので家でおとなしくしています。
中央線も工事で止まっているのでお家ご飯で。

チキンの白ワイントマトソース、トランペット茸とモレス トロントからのベーグルを添えて
白ワインだけで煮たので大人味。冷蔵庫一掃料理にしては思いがけないできでした。
1_20101107175345.jpg

成城石井のスンドウフ
添付のアルミ鍋ではなく、砂鍋の深さが気に入っているので。
なかなかいいお味ですね。このシーズン、また買ってしまうかも。〆はうどんでした。
2_20101107175457.jpg

今日は夜勤なので、これから仕事です。

20101107 お家ご飯
この記事のURL | お家で食事 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。