2017/09 ≪  2017/10 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017/11
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
鴨すき!
2011/02/25(Fri)
すき おいしそう!来シーズン行ってみたいな。
http://www.salon-kigi.com/2011/02/24140639.html

丁子屋
滋賀県高島市今津56
074-022-2040
京都駅から、湖西レジャー号に乗り48分。 近江今津駅下車。歩いてお店に。

20110225 気になるもの・店  滋賀 京都 食事
スポンサーサイト
この記事のURL | 気になるもの・お店 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
京都から余呉へ 熊を追って 2011年1月
2011/01/27(Thu)
1月14日
夕食 食堂おがわ
かりっと鰻八幡@食堂おがわ http://1223sakura.blog136.fc2.com/blog-entry-1240.html
絶品ぐじご飯@食堂おがわ http://1223sakura.blog136.fc2.com/blog-entry-1241.html
遅い京都@食堂おがわ http://1223sakura.blog136.fc2.com/blog-entry-1277.html

1月15日
亀末広 
大納言(粒餡の美)
粟羊羹(もちもちの食感が楽しい)、  京の古?(小豆羊羹、甘みの加減と餡の旨さ)
32_20110127021602.jpg31_20110127021602.jpg


昼食 婆沙羅 新門前通り
京都でカウンター中華初訪問@婆沙羅 http://1223sakura.blog136.fc2.com/blog-entry-1246.html

松壽軒
右から順に
きんとんは松の緑、春のなごみ、富春、丹頂、干支 卯、下萌(白餡)
30_20110127021016.jpg

西富屋要庵
要庵 1月@西富屋要庵 http://1223sakura.blog136.fc2.com/blog-entry-1278.html

1月16日
西富屋要庵
起きると雪景色 http://1223sakura.blog136.fc2.com/blog-entry-1243.html

徳山鮓
熊をいただく@徳山鮓 余呉 http://1223sakura.blog136.fc2.com/blog-entry-1245.html

京のお土産
御倉屋 旅奴、霜のあさ
33_20110127021601.jpg


霜月
福来心琥珀(ふくごころこはく、甘酒を炊き込んでいる)
34_20110127021601.jpg


リンク
要庵 西富家のお食事 http://www.my-cosmos.jp/mypage/weblog/blog/8/65298
[moblog] 目的地に到着 http://www.my-cosmos.jp/mypage/weblog/blog/8/65121
徳山鮓で熊鍋! http://www.my-cosmos.jp/mypage/weblog/blog/8/65299
地吹雪! http://www.my-cosmos.jp/mypage/weblog/blog/8/65304

冬の徳山鮓(1) http://www.my-cosmos.jp/mypage/weblog/blog/245/65182
冬の徳山鮓(2) http://www.my-cosmos.jp/mypage/weblog/blog/245/65184
冬の徳山鮓(3) http://www.my-cosmos.jp/mypage/weblog/blog/245/65186
[moblog] 雪の記憶 http://www.my-cosmos.jp/mypage/weblog/blog/245/65272

20110115 国内 京都 滋賀 余呉 食事 お酒 旅のIndex


この記事のURL | 旅のIndex | CM(0) | TB(0) | ▲ top
熊をいただく@徳山鮓 余呉
2011/01/27(Thu)
秋にうなぎに魅せられた徳山鮓
今回は冬の味覚を求めてのツアーです(笑)

京都から雪がだんだん深くなる中の余呉は大雪
辺り一面白の世界
 2_20110116223721.jpg>


まずは
鯖の熟鮓 吉田牧場のチーズを添えて
3_20110116223721.jpg>


冬の余呉湖はワカサギ釣りの人でにぎわいます。
でも今年はなかなか漁が揚がらなかったそうです。
4_20110116223720.jpg>


海老の馴れ鮨は初めて
発酵の旨みに思わず燗酒が進みます♪
5_20110116223720.jpg>


もろこは南蛮漬け
6_20110116223720.jpg>


絶品 熊の刺身
匂いはまったく、脂はまるでラルドの様。
口の中で溶けながら、透明な甘みが広がります。
これはもう陶酔の世界です。
7_20110116223720.jpg>

8_20110116223819.jpg>


こちらは隣町の七本槍 これのお燗が雪の中では最高!
9_20110116223819.jpg>


定番発酵からすみ豆腐鮓
ただひたすら燗酒で
10_20110116223818.jpg>


先ほどのワカサギはから揚げ
この日は今季初の豊漁にて、
ご主人から豪気にも『おかわりいくらでも♪』と嬉しいお言葉。
軽やかに揚がったワカサギはサクサクで思いっきり箸が進んでしまいます。
実は2回もおかわりしてしまいました。
11_20110116223818.jpg>


12_20110116223818.jpg>


鹿のたたき 黄ゆずごしょうを添えて
13_20110116223818.jpg>


さてお待ちかねの鍋登場 なかなか趣向が凝っています。
14_20110116223929.jpg>


横山岳のツキノワグマと天然茸の鍋
お出汁はクリア
15_20110116223928.jpg>


比良山荘の月鍋とは違ってお肉たっぷり、
そして脂の旨みがお出汁に溶け込んで幸せなお味。
16_20110116223928.jpg


そして徳山鮓の発酵の宿たる所以 
なれ鮨はしっかり漬け込まれています。
17_20110116223928.jpg>


外はふぶいたり日が出たりとめまぐるしく天気が変わります。
18_20110116223928.jpg>


徳山鮓のご主人 
19_20110116223927.jpg>


熊&なれ鮨茶漬け
こんなメニューはないのですが、あまりにお出汁がおいしいので
白いご飯をもらって熊鍋そしてなれ鮨を乗せてお茶漬けに。
くらっとくるくらいおいしいです。
20_20110116224021.jpg>


そして本来の〆 うなぎ茶漬け
10月に素晴らしい天然うなぎをいただいたのを思い出してしまいます。
21_20110116224021.jpg>


デザートは発酵アイス
余力があればお酒の友になりそうです。
22_20110116224020.jpg


この日は大雪で帰宅の足は乱れっぱなし、でも無事たどり着けました。
雪景色を見ながらの最高の贅沢でした。

20110117 国内 京都 滋賀 食事 ジビエ 好きな店
この記事のURL | 京都 食事 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。