2017/09 ≪  2017/10 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017/11
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
日本のジビエの楽しみ@徳山鮓 余呉
2012/01/30(Mon)
鰊の麹漬けの胡麻あえ◎、鯖の飯子漬け

鯉の洗い◎
鯉の洗いは微妙な匂いがして苦手なものが多いのですが、これは嫌な匂いは全くなし。
さわやかな味は酢味噌ではなくわさび醤油がよくあいます。
 
鹿のたたき(自家製ポン酢とゆず胡椒で)◎◎
 

ワカサギの天麩羅◎◎
ポテチのように食べたいわかさぎは無意識に手が動いて無心の境地で食べてしまいました(笑)
これはマストです。
 

猪肉バルサミコ◎
野趣あふるる味わいはワインにぴったり。次回は牡丹鍋も食べてみたいなあ。
 

もろこの柔らか煮(山椒添え)
 

鮒鮨の蜂蜜がけ
 

飯の天麩羅と発酵カラスミ◎
いつもながら発酵からすみは良いお酒の肴です。
 

スッポン出汁のお熊様しゃぶしゃぶ◎◎◎ 
今回はスペシャルに天然なめこ入り
なめこにお出汁と熊のエキスが染みて絶品!!!


紅白に並べられた熊!


お鍋投入! 

熊の脂は鯨の様、お肉はみっちり深い味。 

最後はお雑炊でいただきます。
お出汁が素晴らしいので、お雑炊ももちろんうまうまな感じ。
 

さらにここに熟れ鮨投入、これがまた味に複雑さを加えていいのです(ウットリ~)
 

今回は貸切で宴会でしたので、熊にあわせてワインを持ち込み。
2006年にクライストチャーチで手に入れてきたMAIN DIVIDEがjust for drinking!
Dominusはまだまだ、あと何年寝かせればいいのやら(苦笑)
 
 
よき友人に囲まれ美味と楽しい会話に恵まれ、素晴らしい宴となりました。

20120121 京都 食事 余呉 徳山鮓 好きな店 飲んだお酒 ワイン



スポンサーサイト
この記事のURL | 京都 食事 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
雪餅 その2@紫野源水
2012/01/25(Wed)
ましっろな雪餅は紫野源水さん
こちらも繊細さの極美
 
黄身餡も鮮やかに
雪には白餡で甘やかに

 
20120121 京都 和菓子
この記事のURL | 京都 和菓子 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
雪餅@嘯月
2012/01/25(Wed)
睦月の京都で忘れてはいけないのは雪餅
今回、このために京都に寄り道を(笑)

わたし的最高の雪餅は嘯月さん

 恒例の公園食べ(笑)
京都の最高の和菓子は予約した時間に出来上がるように用意して下さいます。
一番良い状態で食べようと思うと、本当はお店でいただきたいくらいのですが、さすがに無理。
黒文字をいただいて、隣の公園でお茶を(笑)
生絲のように繊細なきんとんはつくね芋の香り、黄身餡のほのかな甘みも好ましくウットリ。



20120121 京都 和菓子 好きな店

この記事のURL | 京都 和菓子 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
おせち その2@河繁
2012/01/02(Mon)

1段+黒豆は瓶詰で届けられました。

1段の中に詰められたお料理の密度の高さはすごい!

こちらのはお屠蘇のためにあるようなおせちです。

何食べてもお酒が進んでしまいます。

2日には白いご飯炊いてお茶漬けにするとさらにおいしいのです(笑)

桜のお食事日記VI

20120101 おせち 京都 食事 好きな店

この記事のURL | 京都 食事 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
巨大天然鰻@徳山鮓
2011/09/19(Mon)
まず風景に癒されて

桜のお食事日記VI

琵琶ます
桜のお食事日記VI

へしこのトマトソース カッチョカバロ添え

天然鰻のおとしはあっさりと

桜のお食事日記VI 桜のお食事日記VI

巨大鰻登場
桜のお食事日記VI



鮎の一夜干しをさらに素揚げして旨み凝縮♪

桜のお食事日記VI


名残の鮎

桜のお食事日記VI


鮒の熟れ鮨 黄金色は蜂蜜、熟れ鮨と蜂蜜はちょうどチーズと蜂蜜のように素敵なマリアージュ!

鰻の八幡巻き

桜のお食事日記VI 桜のお食事日記VI

子持ち鮎は炊いて
桜のお食事日記VI

熊雑炊♪
桜のお食事日記VI

福井出張の帰り、荒業で余呉に寄り道。
今一番のお気に入り徳山鮓に。

6人で伺ったので鰻も特大50cmはあろうかというもの
を1本焼き。
身の厚さといい旨みののり方といい最高。山で摘んできた
山椒のフレッシュな緑のものだけでなく、もう一息ではじ
けそうなピンクの山椒のびりっと感の鋭さが初めての経験
でおいしい。
...
名残の鮎を大好きな塩焼きで。香りとはらわたの苦みが本
当に日本酒の友♪

1月に食べた熊がいかにおいしかったかという話ばかりし
ていたら特別に熊雑炊を作ってくださいました。旨みよく
また1月の再訪を決めてきました


桜のお食事日記VI

稲刈中の余呉でした。


20110919国内 余呉 和食 好きな店 

この記事のURL | 京都 食事 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
牡丹鱧のお椀@さか本ー京都
2011/07/30(Sat)
食べて、そして ときどき旅VI-110729_1930~01.jpg

キリッとしたお出汁、ふうわりとなのに凛とした鱧が好ましい。
この記事のURL | 京都 食事 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
観蓮会
2011/07/29(Fri)
法金剛院の特別拝観。観蓮会
日時 2010/7/9(土)~7/31(日) 7:00~16:00
住所 京都市右京区花園扇野町49
交通 JR嵯峨野・山陰線「花園駅」下車 徒歩約5分
市バス「花園扇野町」下車 徒歩約2分
京都バス「花園」下車 徒歩約5分

料金 大人400円
この記事のURL | 京都 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
大好きな青豆豆乳@近喜
2011/03/20(Sun)
立川高島屋での催事に出展するというお知らせをいただいたので覗きに行きました。
日曜だというのに人はあまりいませんでした。いろいろなお店が出ておいしそうなものがいろいろでしたが、
いかんせん冷蔵品が多くて買えませんでした。(停電が怖い!)
出展予定だった東北のお店はもちろん来れず。切なさを感じました。

近喜さんの青豆豆乳
大好物、疲れた身にしみこみます。ひろうすも手に入れたので夕食の予定。
こんなときだからこそおいしいものを食べたいな。
1_20110320191421.jpg


20110320 京都 食べ物
この記事のURL | 京都 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
要庵 1月@西富屋要庵
2011/02/15(Tue)
土曜の泊まりは要庵

とりあえずは写真のみ 解説は後日

 62_20110215195724.jpg63_20110215195723.jpg



64_20110215195723.jpg65.jpg



67.jpg66.jpg



68.jpg



69.jpg70.jpg71_20110215195750.jpg



72.jpg73.jpg



74.jpg75.jpg



76.jpg



77.jpg78.jpg79.jpg



80.jpg


写真はサムネイル表示にてクリックで大きくなります。
20110115 京都 食事 好きな店 飲んだお酒 日本酒 ワイン 
この記事のURL | 京都 食事 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
遅い京都@食堂おがわ
2011/02/15(Tue)
金曜日、仕事が終わって電車に飛び乗って
遅く着いた京都での夕ご飯は食堂おがわさんで。
新しいお店になって2回目の訪問。
寒い晩だったので、まずはお燗から。富翁(とみおう)500万石
ぶりをつつきながらのんびりと飲んでいます。
ご主人一人で作っているので、焦ってはいけません(笑)
46.jpg47.jpg48.jpg


かりっと鰻八幡
さらに焼きあげられて、外はかりっと鰻はふわっ、ごぼうは旨みたっぷり。
食感が素晴らしい一皿♪
49.jpg


お酒も松の司でまったりと。このお皿好きだな。
こちらのお店はお銚子といいお皿といい好みのものが多く楽しいです。
50.jpg51_20110215192950.jpg


かもハム
旨みとジューシーさが好み
52_20110215193027.jpg


半升さんの特注生湯葉の天ぷら
甘みがあってビックリするようなお味。特注だそうです。
あまりに気に入ったので、翌日半升さんお店まで行ってきました。
53_20110215193026.jpg60.jpg


ぐじご飯
お出汁で炊いたご飯には椎茸とぐじ。
蒸らしの熱でふんわり火が通っています。
淡い味なのに胃袋鷲掴み!
54_20110215193025.jpg


55_20110215193025.jpg


お出汁や味だけでなく、いろいろな面で好みのお店です。
LO10時なので仕事が終わってから京都に向かっても間に合うというのもとても嬉しい。
また夏ごろ伺いたいな。

20110114 京都 食事 好きな店 国内 日本酒 飲んだお酒
この記事のURL | 京都 食事 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。