2017/03 ≪  2017/04 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017/05
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
必然性のあるキャビア@ランブロワジー l'Ambroisie Paris
2010/07/11(Sun)

三田のコートドールは大好きなお店

なので1度行ってみたいと思っていたランブロワジー l'Ambroisie Paris

でも夏や正月休みはお店もお休みで訪問するチャンスがありませんでした。

入り口はクリオンみたいですが、普通の広場周りに広がるところにありました。

桜のお食事日記IV

アミューズ
桜のお食事日記IV


もう一つのアミューズはガスパチョ

3つ星らしいお味

桜のお食事日記IV

ちょっと若いですが、悪くありませんでした。
桜のお食事日記IV


スペシャリテの海老を前菜に

これは素直においしい。海老の火入れもわたし好みで嬉しい。

桜のお食事日記IV


これは 半分の量でお願いしました。

魚だけを食べると、ちょっと火入れが強いかなと感じましたが、キャビアたっぷりのソースとあわせると素晴らしいお皿になりました。キャビアが乗っているお皿というのはよくありますが、こんなにキャビアがあって初めて成立するお皿は初めてです。ちょっと感動。

桜のお食事日記IV


メインはリードボー

これは少し甘みのあるソースで。でもちょっと苦手な味で残念。

桜のお食事日記IV

添えられたサラダが美味
桜のお食事日記IV


このお店で何よりも印象的なのはサービス。

実に楽しい、そして目配りが素晴らしい。流石、長年の3つ星だけありますね。

桜のお食事日記IV


欲張ってフロマージュまで

ロカマドールと初めて食べるハードチーズが特に美味

桜のお食事日記IV


いつもはデセールは食べないのですが、『とても軽いから大丈夫』といわれ

チョコレートケーキを

これは確かに軽くておいしい、でも半分が限界でした。

桜のお食事日記IV

プチ・フールはお土産にして帰国便のおやつに。
桜のお食事日記IV


とてもおいしくて楽しかったランブロワジー l'Ambroisie Paris

これほどソースに必然性を感じた店はなかったように感じます。


でも終わってみて思ったのは『三ツ星はもういいかな』

最近ディオギスタンは微妙に感じていました。

そしてランブロワジーはある意味『想像できる味』


旅先で楽しみたいのは『そこまで行ったからこそ食べられる地元の味』

ル・ルペール・カトリューシュの野菜のテリーヌやエチュベリの海老、セパの青唐辛子の素揚げ、サン・テルモのイカ墨のリゾット、ボティンの稚うなぎのオイル煮のように、今回の旅も素晴らしいお皿に恵まれました。


多分、次のパリはネオ・ビストロの本を片手に食べていると思います。


20100626 海外 フランス パリ バスク 食事 飲んだお酒 ワイン

スポンサーサイト
この記事のURL | パリ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
届きました♪
2010/07/03(Sat)

パリから送った国際宅急便

月曜日にpick up、火曜日に確認の電話がかかってきて、土曜日には到着。

今までで一番早いかも

桜のお食事日記IV 


開けるのが楽しみです。


20100703 海外 買い物

この記事のURL | パリ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
サンドイッチ@Du Pain et des Idees&POILANE
2010/06/29(Tue)

Du Pain et des Idees(デュ・パン・エ・デ・ジデ)のLe RABELAIS

POILANE (ポワラーヌ)のパン・ド・カンパーニュ

野菜は日本産(笑)

桜のお食事日記IV

Le Repaire de Cartouche(ル・ルペール・ド・カルトウシュ)のパテ・ド・カンパーニュと

ゼーホフ工房のボンレスハム


桜のお食事日記IV


マイユのチョコマスタード、最後の在庫だったシャルドネマスタード

京都のラパンセさんで手に入れたガーリックバターとタプナード(このタプナード絶品)

桜のお食事日記IV


ということでサンドイッチに

桜のお食事日記IV

Le RABELAISにはマスタードが生きますね。
桜のお食事日記IV

パンドカンパーニュは味がシッカリしているので、タプナードのような味の強いものが合うみたい。

桜のお食事日記IV



パンがいっぱいあるので、しばらくパン生活が続きそう(笑)

パンドカンパーニュ、金曜日には季楽の会に持ち込みます!


20100625 海外 フランス パリ パン 食材

この記事のURL | パリ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
どちらが本物?@POILANE (ポワラーヌ)
2010/06/29(Tue)

パリのポワラーヌでつい衝動買い!

パン・ド・カンパーニュ1個 約2Kgで約9ユーロぐらいでした。

桜のお食事日記IV


でもひとつはクッションです。


POILANE (ポワラーヌ)
営業時間 : 7:15-20:15 休:日
URL:http://www.poilane.com/

http://www.ab-road.net/europe/france/paris/guide/00649.html
パン・ド・カンパーニュ、クッキーは名前をピニュシオン(Punitions)


20100627 海外 フランス パリ パン

この記事のURL | パリ | CM(1) | TB(0) | ▲ top
朝のお散歩@サンジェルマン界隈
2010/06/29(Tue)

最後の朝はホテルの近所をお散歩。

ジェラール・ミュロ

こちらはお惣菜の揃えが楽しく、思わず買ってしまいたくなりますが

おなかの余裕がないので残念!

桜のお食事日記IV

屋内市場に昨晩のレストランの仕入先のチーズ屋さん
桜のお食事日記IV

Cantal leitierありました。とりあえずこれひとつ購入。
桜のお食事日記IV


ちょっと先には定番ポワラーヌ

初めてパリに来たのは10年前の家族旅行。弟と一緒にこちらのパンでサンドイッチ作るのに苦労したことを思い出します。

桜のお食事日記IV


そうこのパン・ド・カンパーニュ、ナイフがないととても切れません(笑)

ちなみにこのパン1個2Kgあります。

桜のお食事日記IV

ワールドカップにちなんだパンも売り出し中
桜のお食事日記IV


こちらのクッキーを職場へのお土産用に買いましたが、数が揃うととても重くスーツケースがいっぱいになってしまったのが誤算でした。クッキーを手持ちにしてチーズをスーツケースに入れるべきだったと後悔しました。


20100626 海外 フランス パリ パン お菓子 チーズ

この記事のURL | パリ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
楽しい食事@Le Comptoir du Relais
2010/06/29(Tue)

前回の時は年末でランチで訪問 。あまりに気に入ったので2日続けて通いました。

ランチは予約をとらないので、開店時間に行くか待っていれば入れるお店です。


でもディナーは普通では予約は取れません。以前7カ月前でさえも予約入りませんでした。実はこのレストランと入っているホテルのオーナーは一緒。ホテルの宿泊客優先で予約を入れてくれます。今回旅行が決まるや否やギリギリ最後の1部屋で予約が取れました。宿泊の予約さえ入ってしまえば、簡単にディナーの予約が入ります。予定では24,25日の2晩、お食事をいただく予定にしていたのですが、ストのせいで1食フイにしました。

桜のお食事日記IV 

夜は定食1種類のみ 今日のメニュー
桜のお食事日記IV 


シューケットはベーコンが細切されて入っていて、いかにもつきだし的感覚

いくらでも食べれそうも自重。パンは自家製。

桜のお食事日記IV 

サラミもさりげにたっぷりと。
桜のお食事日記IV 

紫芋チップスが意外に手が伸びてしまいます。色はすごいですね。
桜のお食事日記IV 


1皿目 とっても軽い前菜 トマトのスープはテーブルで注いでくれました。

あっさり

桜のお食事日記IV 

お伴はこの印象的なワインで。日本で飲んだときよりおいしく感じます。
桜のお食事日記IV 


2皿目 今日の1番

バスクのサン・ジャン・ド・リュズから追いかけてきてくれたお魚と白アスパラ

火入れの具合といい油ののり具合、魚の旨みとてもバランスのよいお皿。

今回は本当においしいお魚をたくさん食べました。

桜のお食事日記IV 


自家製パンの断面図

実はこのパンすごいんです。このサイズでムッチとしていて、お昼に買ったpain des amisに食感がよく似ています。思わずマダムに『どこで買えますか』と聞いたら『自家製だからここだけでしか食べられないわ』との御返事。朝ごはんのパンがジェラール・ミュロだったから、ちょっと買えるものかと期待したのですが。パン食べ過ぎると最後までいけない可能性が高くなるので自重することが多いのですが、かなり大きなパンを半分食べてしまいました。あまりにおいしいので、残った半分も包んでいただきお土産に。

桜のお食事日記IV 

3皿目 見た目 きのこの山 ラビオリが素直においしい
桜のお食事日記IV 

どのお皿もシンプルで力強い、でもこれなら軽くいけてしまいます。メインが終わった時点ではおなかは軽い。

余裕でフロマージュへ。

どんと大きなチーズのお盆がおかれ、『好きなだけ食べてね♪』と。

隣のご夫婦と一緒にああでもないこうでもないとおしゃべりしながらいただきました。

バスクのエスベレット産とうがらしのジェレは甘いのに後味がピリッとします。

桜のお食事日記IV 


お隣のマダムに勧められて食べたConral laitin

これ気に入ったので次の日に1Kg買って帰りました。

これは無事日本に持ち帰れました。

桜のお食事日記IV 

見た目焦げています、そして味もゴゲ味(笑) Timaneix
桜のお食事日記IV 

チーズを楽しんだら流石にお腹いっぱい。デザートは一口。素直なお味です。
桜のお食事日記IV 


シンプルで何を食べているかはっきりわかる料理、そして素材の確かさ。

その中に細かい心遣いと鋭利さが潜ませてある料理です。先日のランチで

すっかりファンになってしまいましたが、改めてフィットする料理です。


お昼のLe Repaire de Cartouche(ル・ルペール・ド・カルトウシュ)といい、こちらといい大好きなお店です。


返す返すもストのため1食逃したのが悔しいなあ(笑)


20100625 20100625  海外 フランス パリ 食事 好きな店 ネオ・ビストロ

この記事のURL | パリ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
絶品野菜のテリーヌ@Le Repaire de Cartouche
2010/06/29(Tue)

パリでの行動開始。

朝一番にホテルから歩いて3分のDa Rosaでソーテルヌチョコ大人買い(笑)

わたし的にはマイユのマスタードとDa Rosaのソーテルヌチョコさえ買えれば満足です。

その後、マドレーヌ広場まで移動。ここで問題発生。タクシーがつかまらない!

走っているタクシーは乗車中か迎車中ばかり。仕方ないのでホテルに戻って呼んでもらいました。でもこの日は金曜日のためか1日中タクシーがつかまらない状態がどこに行っても発生。おかげで久しぶりにメトロに乗る羽目になりました。


マドレーヌ広場では最初にマイユ、そして1本裏の通りに入り、Pierre Oteiza(ピエール・オテイザ)でバスク食材を買い足し、ブロバンスやガスコーニュの食材屋さんを冷やかし、La Mason de Mielではちみつ飴を購入。気になっていたグランディセッスは14時開店で挫折(笑)マドレーヌ広場にマリアージュ・フレイズのお店があるのに気がつき、バカラをウィンドウショッピング。一旦ホテルに戻ろうと思ったのですが、タクシーがつかまらないので、そのままランチのお店にメトロで。


Le Repaire de Cartouche(ル・ルペール・ド・カルトウシュ)

このお店は『パリのネオビストロ』の本で気になって予約。

お店は超お気軽なシンプルなビストロの構え。


桜のお食事日記IV


メニューはこんな感じ。

ついこのメニューを見るとホワイトアスパラとタルタルステーキを頼みたくなったのですが、せっかくだからお勧めを聞いてみましょう。

桜のお食事日記IV


桜のお食事日記IV


ということで前菜は

Pressed legumes confit Basilic

ドライトマト、トマト、ズッキーニ、周りをまとめているのは苦味があってアーティーチョークかなとも思うのですが、ややサイズが違うような気もします。キャベツ系の感もあり。ドライトマトの酸味と旨みがよくて、これ絶品!!!

野菜の旨みだけで食べさせてしまうような素晴らしいお皿でした。

これはまた食べたいなあ。

桜のお食事日記IV


Core de chochon Ibaiona rissole an cidre

Ibaiona豚のシードルソテーというところでしょうか

豚さん、お皿からはみ出しています。皮付きの豚のソテーです。

最初から負けはわかっていたので真ん中の一番おいしそうなところからいただきます。肉は緻密もややぱさっと感じますが、焼き色の旨み。

桜のお食事日記IV


そしてこの皮付きの脂はとろっととか脂っぽいという感じではなく、最初食べた食感は『硬い』。噛みしめるとじわーーと旨みが染み出してきます。そして皮目がなんともいえない食感に寄与とまた味わいの変化があって楽しい。すばらしい豚です。

桜のお食事日記IV


でも当然のことながら1/4~1/3程度で白旗を揚げました。

この旅行で多用された言葉は

『C'est delicieux. Je sui desore, je ne peux pas manger tou. Donne-moi un paquet, s'il vous plait.(とてもおいしいです。でもこれ以上食べられそうにありません。お持ち帰りできますか?』



結局お持ち帰りしたのを食べる余力はありませんでしたが、もう一度食べたい豚でした。でもそのときは2-4人でこの一皿に挑戦したいなと(笑)


ネオ・ビストロとは

1.一流のキャリアを持った実力派シェフ

2.”フランス料理らしい”料理

3.サービスや装飾は簡素

4.リーズナブルな価格


ということらしいですが、

本当にLe Repaire de Cartouche(ル・ルペール・ド・カルトウシュ)にしても

Le Comptour du Relais(ル・コントワール・デュ・ルレにしても、

上質な素材で定番の料理をびっくりさせるような皿にして出してくれました。


頭ではなく感覚で「ああ、おいしいなあ」と感じさせてくれる料理でした。


今回パリはネオビストロ狙いで食べていましたが、次回行く機会があれば『パリのネオビストロ』の本に乗っているお店を巡りたいなと思います。それくらい満足度の高い料理でした。


ちょうどわたし的には東京でのシブレット、サラマンジェ、カウベルが同じ感覚で行くお店だと思いました。サンパ、サルキッチンあたりがそれに続けるか、再訪せねばと感じました。


20100625  海外 フランス パリ 食事 好きな店

この記事のURL | パリ | CM(2) | TB(0) | ▲ top
シンプルだけど贅沢な朝ごはん@Hotel Relais Saint Germain
2010/06/29(Tue)

前日はストによるためエアキャンセルでTGVで深夜到着。

楽しみにしていた夕食を泣く泣くキャンセル。


でもちょっともたれ気味で疲れていた胃が、お蔭で思いっきり回復。

お腹ペコペコで朝食へ。


朝ごはんはシンプルにパリの典型的な朝食を楽しんでくださいとメニューの裏には書いてありました。


桜のお食事日記IV


まずはカフェ・オ・レ

香港の小食のおわんぐらいのカフェ・オ・レボウルにたっぷりと

桜のお食事日記IV


左からボルティエのヨーグルト、オレンジジュース、オレンジ

ボルティエのヨーグルトはあっさりタイプ

オレンジジュース、オレンジはマンダリン系・

オレンジはちょっと見、みかんの缶詰ですが爽やかでおいしい。

桜のお食事日記IV


パンはジェラール・ミュロ

バゲットがすごく好み。ビロンなどとは違って、粉が主張しすぎずでもポリシーある旨み。皮のクラストの感じが♪

クロワッサンはパサパサしすぎず、ややしっとり。そして大好きなちぎると伸びるタイプ。カフェ・オ・レにつけて食べるより、さらにバターをつけるといい感じでした。

桜のお食事日記IV


バターはボルティエ、でも好きな有塩バターでなくて無塩だったのが残念。

桜のお食事日記IV

骨付きハムをその都度切ってサーブしてくれます。
桜のお食事日記IV

チーズはコンテ、これもその都度塊から切ってサーブ。
桜のお食事日記IV


このハム、素直にうまい!メニュー見るとイベリコ豚の骨付きハムです。

わずかな塩の利かせ方がすごいです。

桜のお食事日記IV


お腹も満足、この日もいい天気になるようです。事前の天気予報では雨が降って寒いパリの予定でしたが、いいほうに転んだようです。


20100625  海外 フランス パリ ホテル 朝食 食事

この記事のURL | パリ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
やっと到着@Hotel Relais Saint Germain
2010/06/29(Tue)

深夜着のTGVでたどりつけたパリ、ホテルに入れたのは午前1時でした。

予め遅くなることを連絡しておいたので無事チェックイン。

今回は食事のためにこのホテルに予約入れましたが、

思いの外、雰囲気あっていい感じです。

このホテルに入って思ったのは京都のお気に入りの宿 西富屋要庵さんによく似ているなと。

桜のお食事日記IV


桜のお食事日記IV


荷物も開けずにバタンキュー


20100624 海外 フランス パリ ホテル

この記事のURL | パリ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
pain des amis@Du Pain et des Idees(デュ・パン・エ・デ・ジデ)
2010/06/28(Mon)

『Du Pain et des Idees(デュ・パン・エ・デ・ジデ)

http://www.dupainetdesidees.com/jp/

こちらのpain des amisがとても人気のあるパンです。』


月曜~金曜
6:45~20:00
休業日:土曜、日曜、祝日
34 rue Yves Toudic 75010 Paris

01 42 40 44 52



前回パリにいたときに教えていただいたのですが、正月でお休みでした。

桜のお食事日記IV

お昼ごはんのあと、腹ごなしにお散歩。

今回、金曜日のためか街でぜんぜんタクシーがつかまりません。仕方ないので地下鉄で移動。重い袋と33度の暑さの中、歩き回るのはちょっとしたロードです(笑)


pain des amis:Un pain tout en croute legerement fume, comme cuit au bois!

大きなカンパーニュですね。切り分けて250と500gの塊で売られていました。つまんでみましたがちょうど岡山のナショナルデパートで焼きたてを食べたときのようにもちもち旨みぎっしり系。

桜のお食事日記IV


Le RABELAIS:pain brioche au safran, meil et noix, recette inspire due celebre auteur de Renaissance

多分金曜限定のブリオッシュというのはこちらかと購入。これもずっしり重いです。サクッと切ってみると黄色の中にクルミ。それだけではちょっとパサッとしていたのですが、シチューと一緒にいただいたらとてもよく合います。明日もスープとあわせたい感じ。


桜のお食事日記IV



ショッソン・オ・ポムは機内でのおやつにと思って買って来ましたが、食べられなくて夜おやつに。かばんに入れていたのでちょっとつぶれてしまいました。でもリンゴが素直な甘さで好み♪

桜のお食事日記IV


お店はとてもシンプル、夏場だったので手控えましたが、冬だったらタルト類も購入したいところでした。

黄桃のタルトがとてもおいしそうでした。


20100625 海外 フランス パリ パン 食材



この記事のURL | パリ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。