2017/03 ≪  2017/04 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017/05
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
ココナッツジュースはおいしかった、そして総括@ベトナム(19)
2010/01/03(Sun)

ホーチミン→成田行きは夜中の00:05発

空港では街と比べて何もかもとても高く何も買う気も起こらなかったので、

暇だったのでお茶と思い売店へ。



あまりわたしが飲めそうなものがなくて目に付いたのがココナツ

実を言うと昔横浜中華街で飲んだココナツがとてもまずくて、

今回もベトナムにいる間手を出していなかったのです。

でも旅行客だけでなく地元の人もよく飲んでいるので気になっていたのです。



失敗してもいいやというくらいの気持ちでトライ・・・・・あれおいしいです(笑)

ほんのり甘いくらいがわたしには飲みやすくあっさりとしているもおいしい。

今まで飲まなかったのが残念なくらい。


桜のお食事日記IV


今回は温かいところでのんびりとぐらいのつもりで

ベトナム ホーチミン=サイゴンに4日弱滞在。



①温かいというよりは暑かったので、ちょっと夏ばてしました。観光はもっぱら車の中から。食事と買い物以外はほとんどホテルでお昼寝ばかりで、ある意味とても贅沢な旅行でした。



②冬場の12月でも昼間は30度台なのでもっと薄手の服を持っていけばよかった。

夜もちょっと羽織るもの1枚あれば十分。

サングラスと帽子は必須です。街を歩くなら暑いけどマスクも(笑)

最終日くらいから街を歩くと目が痛くなってしまったので光化学スモッグだと思うので、できればアレルギー用の防塵メガネかサングラスのほうが良いかも。



③食事は何食べても口に合いました。

でも香草を多用しているので香菜やミントなどが苦手な人はちょっと厳しいかも。基本的に味は自己調節系なので口にあわせやすいのかもしれません。



高級店から屋台までトライしましたが、やはり屋台系は自己責任で。でも高級店よりカジュアルなお店や屋台のほうが食事していてワクワクして楽しかったのも事実。


でも屋台系は東南アジアツーリストになれていない人にはちょっと辛いかも。

それを思うたびにitacoさんに改めて感謝を。



お肉のパテを入れたバインミーテット

(ソフトシェルだけでお腹いっぱいで食べられなかった)

2日目に見かけた焼きたてのバイン・クオン

(次の日行ったらお店におばちゃんがいなかった)

ヤギ鍋、ヤギの焼肉

フエ風のサクサク海老揚げ春巻き

象耳魚の姿揚げなどなど食べ損ねたものも多いのですが、

これはまた機会があればと。


④とにかく今回の旅行ではお米がおいしかった。

フースアンの春巻きの中に入っていたブン、蓮の実ごはん

屋台のミー&ミエン、ブンチャー、バインセオ46Aの牛肉の香草包みのと一緒に巻いたブンなどなど。

特にもちもちのブンがツボに嵌まりました。また食べたいなあ。


白飯としてのお米は当然長粒米なのでお箸で食べにくくスプーンを使っていましたが、ベトナム風に汁かけごはんにするとまた良かった。



わたし的考察としては

日本もお米の国ですが、歴史をたどると庶民が日常的にお米を食べれるようになったのは外米が入るようになった明治時代からのようです。そのためかお米の加工品としては餅ぐらいしかないのではと思います。


でもベトナムはメコンデルタとホンデルタをを抱え熱帯性気候で普通に3期作ができる地域。豊かに実り、有り余るお米をいかに食べようかと工夫されたのがフォーでありブンでありライスペーパーなどなどなのではないでしょうか。

『お米を食べたかった国=日本』と『本当にお米が豊かな国=ベトナム』と感じました。



また、いままで『フォーてぶつぶつ千切れてしまって食べにくい麺だなあ』と思っていましたが、ベトナム行くについて本を読んだり、現地でベトナム人が食べるのをみると『啜って食べる』ものではなくて『スプーンに載せて口に運ぶ」ものの様です。


さらにスプーンの上で香草やチリソース、ライムを搾って食べるのをみていると

もしかしたら麺の形はしているけれど、やはり基本はお米、

『フォーは形を変えたお粥』ではと思うようになってきました。



⑤ホテルはパークハイヤットサイゴン。この手のホテルはどこの国で泊まっても一定のレベル以上のクオリティを供給される代わりに、代わり映えしないなあと感じました。また街の中心部にあるので便利ですが、部屋からの眺めは人民劇場が見えるくらいでいまひとつでした。次に行く機会があれば川べりの眺めの良いホテル(マジェスティックなど)の方が良いかなと思いました。


⑥最後にベトナム ホーチミンにあって思ったこと

『街も人もとても元気で活力に満ちている』

高度成長期の日本というのはこんな感じだったのかなと思いました。


そして経済的には発展途上かもしれませんが、国民の8割が農民という国にあって

『自然の実りや収穫がとても豊かな国』 『お米の収穫が豊かな国』でした。


20091225 海外 ベトナム 食事 観光 ホーチミン サイゴン



スポンサーサイト
この記事のURL | ホーチミン(サイゴン) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
最後はフォーボータイ@ベトナム(18)フォー24
2010/01/03(Sun)

ベトナム最後の食事はフォー24へ

このお店はチェーン店なのかあちこちで見かけました。


ファーボータイ 牛肉のフォー お肉レア

といってももたもたしているとお肉はしっかりウェルダンになっています。


桜のお食事日記IV


添えられているのはもやし、たまねぎ、とうがらし、ライム、たで、ミント

こちらではフォーにたまねぎをのせてちょっとライム搾ったのがわたし的に好み。

桜のお食事日記IV

今回あまりに暑くてかえってお酒が飲みたくなくてフレッシュジュースをよく飲んでいましたが、一番よく飲んだのがパインナップルジュースでしょうか。本当にどこで飲んでも絞りたてのジュースが出てくるのが嬉しかったです。酸味と甘みが干からびた身体にしみこみます。
桜のお食事日記IV


そういえばトライしていなかったなと思いバインフランを。

バインフランは卵と練乳で作られたプリンです

・・・・・・・・うっすごく甘い、がんばって2口食べましたが残り半分は挫折しました。

桜のお食事日記IV

20091226 海外 食事 ベトナム
この記事のURL | ホーチミン(サイゴン) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
最高の揚げ春巻き@ベトナム(17)Restaurant13
2010/01/03(Sun)

4日目になると暑さに参り気味でお昼が思いつきません。

JIJIさんにローカルランチにと教えていただいていたお店を思い出して

タクシーに乗ったら、ホテルからすぐそばでした。運転手さんごめんなさい(笑)


お決まりの調味料セット 左がベトナム醤油、右がニョクマム。


桜のお食事日記IV


CHA GIO 50,000DON恋の矢

お肉がみっちり、肉汁がジューシーで香草に包んで食べると本当に美味しい。

単品だと単なる肉団子的になってしまうのですが、香りの強いクセのある葉っぱで巻くのがポイントかと。一人なので2-3個食べればいいななんて考えてオーダーしたのですが、ほとんど食べきってしまいました。

桜のお食事日記IV


CANH CHUA CA LOC 65,000DON 雷魚の酸味スープ

カインチュアと呼ばれる酸っぱいスープを飲んでみたいと思っていたのと

メコンデルタでとれるという雷魚を食べてみたかったのでオーダー。

巨大な・・・・・・名前が出てこないのですが茎がすかすかで和食なんかでも

添え物としてでてくる野菜の下には雷魚、さらにその下にはパインナップルとなすが入っています。味はあっさり。初めてかもしれない雷魚は白身のふっくらあっさりとしたお味です。酸味と甘みがホノカな感じのスープでした。

桜のお食事日記IV


RAU MUONG XAO TOI 25,000DON 空芯菜のにんにく炒め

ベトナムの国民食といわれる空芯菜炒め、白飯と一緒にいただきます。

味付け的にはこれもあっさりにて自己調節してニョクマクをかけると

ごはんのおかずにぴったりです!

桜のお食事日記IV


お昼には少し早めの時間にお店に入ったところ、従業員の皆さんがおしゃべりしてスタンバイしていました。オーダーが入った途端にキッチンへ入りテキパキとお料理してくれました。またお店の前には少年たちがバイクや車の駐車整理をしていました。この旅行で思ったのが、街行く人、働く人たちが本当に若い人が多いのと街も人も元気で活気にあふれていること。高度成長期の日本もこんなだったのかなと思いました。


20091226 海外 食事 ベトナム


この記事のURL | ホーチミン(サイゴン) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ブンはお気に入り@ベトナム(16)ブンチャーハノイ
2010/01/03(Sun)

春巻きの中身ですっかりおなじみになったブン(米の押し出し麺)。

最後の朝ごはんはブンチャーハノイへ。


お店は外から見ると暗くてわかりにくく1度は通り過ぎてしまいました。

通り過ぎた先にトンキンコーヒーのお店がありました。


何はともあれお店到着。サイゴンのお店は高級店も含めて照明が暗いというか少ないところが多く写真撮影には苦労します。


お店の名前になっているブンチャーはブンの焼き肉漬けだれ添えです。


まずブン

もちもちとした麺はすぐにべたべたとくっついてしまいます。


桜のお食事日記IV

酸味のある塩っぱいつけだれに焼肉と青パパイヤなどが入っているようです。
桜のお食事日記IV


こちらにきてすっかりおなじみになった野菜盛り合わせ

いつものキャベツ見たいのと香草いろいろ、くるくるしているのは多分空芯菜。

桜のお食事日記IV


そしてこれはどこで何を頼んでも付いてきますね、とうがらし!

ベトナムでの食事はけして辛くはなく、かえってあっさりと味は薄いくらいのベースに添えられたとうがらしやニョクナム、野菜やレモン・ライムで自己調節系という感じを受けました。このとうがらしを1かけいれるとかなり辛くなります。

桜のお食事日記IV


メニューにヨーグルトがあったので珍しく頼んでみました。

ふるふるで甘さ控えめ、美味しいヨーグルトでした。

桜のお食事日記IV


今回の旅行でフォーよりも気に行ってしまったブン、日本でもどこかで食べられるところがないかな。これから探してみようと思います。


20091226 海外 食事 ベトナム 

この記事のURL | ホーチミン(サイゴン) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
意外に普通 Hot vit lon@ベトナム(15)
2009/12/26(Sat)

のんびりしすぎて昼寝から起きたら19時。でもお昼に食べたバインセオ他がまだお腹で膨らんでいて、お腹がいまひとつすきません。

そこで気になっていたHot vit lon(家鴨の孵化卵)を探しにベンタインの屋台街へ。


ぐるっと回ってもそれらしきものを売っているお店がなかなか見つかりません。

あきらめかけたときにこのお店を見つけました。


Hot vit lonだけでなくかえるなども大胆なプレゼンテーション!


桜のお食事日記IV桜のお食事日記IV


ということでHot vit lon

蓼と塩、レモンがお約束とのことらしいです。ほかほかの茹でたて玉子です。

桜のお食事日記IV


桜のお食事日記IV

スプーンでまず割って
桜のお食事日記IV


こんにちわと思ったけど、見えるのは黄身だけ

この状態でスープをいただくのがなかなか難しい。塩とレモン絞って。

桜のお食事日記IV


上のほうには黄身が詰まっていて食べすすむと白身の方にいくのですが、意外に普通に食べられてしまいます。骨や羽が気になって食べにくいと書いている方が多かったのですが、この卵はまだ日齢が浅いのかちょっと固いところがあるなあくらいな感じ。それよりもしっかり固ゆでなので殻の中で崩すのがなかなか難しく最後は底にアナがあいてしまいました。塩とレモンはたくさんかけたほうがおいしい気がします。

桜のお食事日記IV


ここにきてはじめて飲んだBia333

Hot vit lonをつまみにしながらいただきます。

桜のお食事日記IV


ほかにも貝のタマリンド炒めやアサリのレモングラス蒸しなどもいただきましたが、

食べきれずにほとんど残してしまいました。いろいろ食べたいのに皿数が頼めなくて1人旅の厳しさですね(笑)

桜のお食事日記IV桜のお食事日記IV


Hot vit lonは固めのゆで卵という感じでそんなに特別感はありませんでした。

また食べたいかと聞かれたら、わざわざ食べなくてもいいかなぐらいです。


でも食べたことがないものを食べるのはワクワクしますね。


20091225 海外 ベトナム 食事

この記事のURL | ホーチミン(サイゴン) | CM(2) | TB(0) | ▲ top
スパでくつろぐ@ベトナム(14)
2009/12/26(Sat)
午後はホテルのスパで癒されて・・・・・・
桜のお食事日記IV

20091225 海外 ベトナム
この記事のURL | ホーチミン(サイゴン) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
バインセオ46A@ベトナム(13)
2009/12/26(Sat)

バインセオを食べるならとBahn Xeo 46A

店先ではどんどん焼いています。

桜のお食事日記IV

とりあえず暑くてレモンジュース
桜のお食事日記IV

ビークオンは豚皮入りとのことですが、あっさり味
桜のお食事日記IV

ニョクマムをつけていただきます。
桜のお食事日記IV


バインセオ登場

とても大きいです。西麻布のキッチンで食べたのの1.5~2倍はありそう。

桜のお食事日記IV

中身は海老ともやし
桜のお食事日記IV


たくさんの葉っぱで巻いていただくのですが、

お店の人が「バインセオはこの葉っぱを巻いて、ニョクマムでね」と

たっぷりのお野菜はどれも香りよくその中にカリカリ・もちもちの相反する食感が楽しくてたくさん食べてしまいました。

でも粉物の常として後で膨れてしまい、夕飯が食べられなくなってしまいました(泣笑)

桜のお食事日記IV


蓮の茎と海老と豚のサラダ

サラダはこのおせんべいで。蓮の茎はしゃきしゃきとして線維が伸びてきます。

豚肉がおいしい。

桜のお食事日記IV 桜のお食事日記IV


牛肉の香草包み

お肉の味がしっかりしていていい感じ。ブンや青バナナ、スターフルーツ、大根とニンジンのお漬け物と一緒にライスペーパーで巻いて食べます。お漬け物は軽いピクルスみたいなのでおいしい。

桜のお食事日記IV



桜のお食事日記IV 桜のお食事日記IV


桜のお食事日記IV


ナムトムは海老の発酵調味料、強烈なにおい。でもお肉系に良く合います。

桜のお食事日記IV


いろいろ欲張りすぎて、食べ切れなかったのが悔やまれます。


20091225 海外 ベトナム 食事


この記事のURL | ホーチミン(サイゴン) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
戦利品@ベトナム(12)
2009/12/26(Sat)

あまりの日差しにふちの大きな帽子と日よけマスクを買ってみました。

これでサングラスをかけるとかなり怪しい感じ(笑)

でもマスクが暑くて5分で挫折。この暑さの中マスクをするのは困難です。

桜のお食事日記IV


これまでのお買い物

意外に雑貨がぴんとくるものがなくて、あまり買い物してない感じです。

まあのんびりするために来たので良しとしましょう。

桜のお食事日記IV


昨晩は1時ごろにいきなりホテルの放送で起こされてしまいました。寝起きでなんていっているか聞きそびれてしまったのですが、非常ベルが鳴っていたので火災かなと思い避難の用意をしていたら『問題ありませんでした』と。クリスマスイブだから火災報知器鳴らすようなことをした人がいたのでしょうが、それからなかなか寝付けなくて。眠気が取れないので食後は朝寝でした。お昼までぐっすりzzz


20091225 海外 その他 ベトナム

この記事のURL | ホーチミン(サイゴン) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ホテルの朝ごはん@ベトナム(11)
2009/12/25(Fri)

1度くらいはホテルの朝ごはんも食べねばと

それでもフォーボータイを選びます(笑)

桜のお食事日記IV


ベトナム式にスプーンにのせていろいろな味付けをためしてみましたが、

わたし的には香草・スウィートチリそしてライムを絞るのが一番おいしく感じました。


フォーは腰がなくて食べにくいと日本で思っていましたが、今回フォーの食べ方などを調べたり、ベトナム人が食べるのをみているとスプーンにのせて香草や調味料で味付けしながら食べています。フォーは麺というよりお粥感覚で食べるもののような気がします。そう考えると腰がないのも気にならなくなりました。

桜のお食事日記IV


チーズベーグルのタワーにもひかれたのですが、ここはバゲットで

こんなバゲットなのでなんとなく日本式のバゲットを想像してしまったのですが

ここはベトナム、あくまでもスカスカ、サクサク♪

桜のお食事日記IV


ということでにわかにバインミーテットの出来上がり

このバゲット癖になりますね。

桜のお食事日記IV


ジュースもいろいろためしてみたのですが、どれもはずれな感じでした。

でも明日はやっぱり外ご飯になりそうです。昨日バインミーテットを食べたお店の近くにライスベーパーというか腸粉みたいなのを作りたてで出している屋台を見つけて閉まったので挑戦したいと思います。


20091225 海外 ベトナム 食事

この記事のURL | ホーチミン(サイゴン) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
サイゴン川の眺め マジェスティックのバーから@ベトナム(10)
2009/12/25(Fri)

食事の後はオールドタウンの市場を覗き、ニューランでバインミーテットを購入。

そしてマジェスティックホテルのバーに到着。


6時前でもまだ明るく、右手の下流は工場が立ち並ぶのとは対称的に対岸は緑に覆われて見えます。上流側には高層ビルや大きな橋が見えています。

行きかう船を眺めているのがとても楽しい。朝見たバイクを運ぶフェリーは3台の船で運航されているようですが、あの緑の中にたくさんのバイクや人が吸い込まれていくのが不思議な気がします。みんなどこに住んでいるのでしょうか。


桜のお食事日記IV


飲み物はHAPPY SAIGON フルーティなカクテルです。

桜のお食事日記IV


6時になると日も暮れて。バーはテラスで風も気持ちよく最高のシュチュエーション。

羽織るものを持ってこなかったので退散しましたが、そうでなかったらいつまでものんびりしていた居場所でした。

桜のお食事日記IV

20091224 海外 ベトナム 
この記事のURL | ホーチミン(サイゴン) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。