2017/07 ≪  2017/08 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017/09
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
はしご食べ(笑)@横浜中華街
2012/04/30(Mon)
朝からお勉強したお昼は抜け出して中華街へ

まずは水餃子@山東
ザクザクしたたれが気に入っています。

 

関帝廟通りで焼き物にひきつけられ
アヒル、豚耳、叉焼、3種盛り合わせ@金陵
アヒルが素晴らしい・・・(ウットリ)
皮つきのバラはタッチの差で売り切れで残念!
特製 焼売@金陵
お母さんが「おいしいよ。いつもあるわけじゃないんだよ」と勧めてくれました。
お肉と肉汁の旨みがきゅっと詰まっていておいしかった!
 

蛋達@紅錦
肉食なランチの後はおやつを買ってきました。
こちらのエッグタルトは好物。

 

2日目ランチは計画的に開店時間に萬来亭を予約
春炸鴨舌 鴨舌の香り炒め
こちらの鴨舌もおいしいです。

 

青瓜毛豆 きゅうりと枝豆のあえもの
これ大好き!ビールの友。

 

上海炒麺は極太。 お隣の食べていた海鮮炒麺もおいしそうでした。

 

当然のことながら午後のお勉強はちょっとうとうと(苦笑)

20120421 中華 横浜中華街 
スポンサーサイト
この記事のURL | 中華 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
絶品 水煮牛肉@蜀郷香 四谷三丁目
2012/03/25(Sun)
 先日の火鍋がとてもおいしかったので、再訪。
今回はグランドメニューをアラカルトで。

前菜5種盛り
ハマグリ、インゲンの葱蟹ソース、焼き物は鴨かな 菜花添え
透明に火入れされた海老の山椒ソース、ハチノスの四川風味

蟹肉の淡雪(雪花蟹肉)
卵白と蟹の均質なテキスチャー


今日の1番  
牛肉の四川煮込み 山椒の香り(水煮牛肉)★★ 
でてきたときの香りが広がり表面には細かなスパイス  
 

良く混ぜていただきます牛肉の下には白菜・セロリ
香菜は2倍でいただきます。
水煮牛肉は好物なのですがご飯が無いと・・・なことが多いのですが
これはお料理だけでもおいしくいただけました。
こちらのお店ではメニューに赤い星がついていて辛み表示されているのですが
これは★★

 中華のときって飲み物に苦慮することが多いのですが、こちらの料理はワインが◎。

メニューで『中華にぴったり合います!』と合ったのですが、
スパーシーな赤が実に辛みのあるスパイスがきいた料理に実によく合いました。

もう一つの今日の1番
春雨と挽き肉の酸味辛し煮込み(酸辣粉絲)★★ 
辛さと旨みをたっぷり吸った春雨は辣だけでなく酸も立っていて、とても好み。
 蜀

郷香自慢の汁なしタンタン麺(郷香担担麺) (小碗) ★★★ 
こういう風にかかれていたらやはり食べねば、でもこれは星3つ、さすがに辛い!
FFL(Fire Food Lovers)の方からみたら軽いかも知れないけど、
わたし的にはおいしいけど辛くて火を吹きました(笑)

 

ちょっと口の中をrescueするため、珍しくデザートも。
タピオカのかぼちゃソース
かぼちゃがさらっとしていておいしかったです。


これ以外にも油芯菜の炒め、回鍋肉、炒飯などもいただいたのにお腹が軽くていくらでも食べれてしまいそう。スパイスの効果でしょうか。また季節が変わったら行ってみたいなと。
 
20120323 中華 四川 飲んだお酒 ワイン
この記事のURL | 中華 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
酸菜白肉炒@双龍園
2012/01/30(Mon)
疲れきった夜はご近所中華でサクッと食べて帰りましょう。

羊串は熱々が美味
こんなに気軽にモンゴル風というか中国東北風羊串が食べられる幸せ
ここでちょっとHP回復
 

モンゴル式土鍋煮込み
小さな壺で煮込まれて、ちょっぴり辛い味付けが白飯を誘います。
特に薄切りされたレバーがおいしい。
 
 
酸菜火鍋が食べたかったのですが、ここのは4人前くらいなので挫折していたら
ご主人が「炒めたの作ってやるよ」と
酸菜白肉炒め
酸菜と豚肉、そして旨みいっぱいの春雨と全ての構成要素が含まれており、
何より
もご飯が進んで困ります(笑)
 

強面のご主人ですが、お話すると実に楽しい方です。
そしてお店で1番日本語が通じます(笑)

ここまで食べたら疲労困窮がずいぶん回復しました。
お腹いっぱいで帰宅へ

20120126 中華 好きな店 立川
この記事のURL | 中華 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
組み合わせの妙@中華わさ
2012/01/28(Sat)
栞さんとともに中華わさへ。

まずは定番スペシャリテ
クラゲとあまおうのフレンチマスタードあえ
果物の甘みとマスタードの辛みは強すぎず弱すぎずで絶妙

ホタテとウニの揚げ餃子
寒い日には熱々のバターにウニとホタテのおいしさが際立ちます。

本日のスープはタマネギ
とろっとポタージュのように仕上げられ、生姜がきいたスープは暖まります。

真たらの白子 山椒風味 サラダ添え 
花椒がきいて、ちょっぴり辛くてソテーされた白子 は豊満、サラダもいい感じ。

 
 春の春巻き
つぼみ菜、うるい、たらの芽、こごみ、ふきのとう、庄内ネギ、春キャベツ、筍
春の香りと苦味が身体を目覚めさせてくれるよう。

シャムロックの油淋鶏
鶏にネギソース、ほうれん草の味が強くて冬の寒さを感じます。

 
やりいか、黄ニラ、三つ葉の塩炒め
やりいかのフリットにフレンチ・マスタードが合うのが不思議、黄ニラのと合わせても面白い。
 

夏以来の訪問ですが、裏切られること無いお店でした。
本日のお勧めがしっかりしているのと、定番がきっちりあるのがうまくかみ合っているのが好み。
季節毎に訪問したいお店です。

20120128 中華 好きな店
この記事のURL | 中華 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
久しぶりの桃の木@三田
2011/12/18(Sun)

第9の後は三田 桃の木へ


前菜お任せ 1品目 

紅芯大根と貝柱の山椒ソース◎

紅芯大根のしゃきしゃきというかバリバリという食感と貝柱のはんなりとした柔らかさを山椒ソースが控えめに継いでいる。食感が桃の木らしいお皿。

桜のお食事日記VI


2品目 磯貝の温菜◎

まずは貝をいただき、その後スープに赤・青唐辛子、香菜で調味していただく。色は濃いですが味は貝の旨みがしっかりしているが意外にあっさり。とうがらしの辛みがとてもスープの旨みをつないでいる。

桜のお食事日記VI桜のお食事日記VI


桜のお食事日記VI

3皿目 豚のガツとハツの揚げ物◎
『内臓の苦手な人にもどうぞ』の通り食べやすく丁寧に下ごしらえ。ハツのかすかな血の味が好み

桜のお食事日記VI


桜海老とインゲンのカラカラ炒め

桜のお食事日記VI


最後のインゲンと炒飯は食べきれずお持ち帰り。はっとするような素晴らしい皿もある反面、炒飯はちょっとがっかりでした。今回あまりに久しぶりすぎてシェフ以外の方々は全とっかえなのが寂しい。そしてこちらも北嶋亭でいつも感じること『お料理とお店の格とサービスの質がかみ合わない』のが残念です。


20111218 中華

この記事のURL | 中華 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
羊串おいしさUP↑@双龍園 立川
2011/10/09(Sun)
寒かったのでご近所中華へ
羊串がおいしくなっていました。聞くとスパイス変えたそうです。

わたし的、羊串おいしさ度は、今まで
神田味坊>赤坂黒猫夜>上野千里香=立川双龍園でしたが
神田味坊=立川双龍園>赤坂黒猫夜>上野千里香へと変わりました

桜のお食事日記VI

20110930 中華
この記事のURL | 中華 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
おいしい点心@ルパルク恵比寿
2011/09/09(Fri)

ハギスとアイラ島巡りで胃もたれとともに帰国した方のリクエストでルパルクへ


エビ団子の衣揚げ
春巻きの皮を細切りにして巻かれたサクサクの皮が大好きな一品
焼豚腸粉(チョイフン)
チョイフンとは米の粉と澱粉を水で溶いて薄い皮をつくり、包み蒸したもの。
醤油砂糖のタレが何か郷愁の味
桜のお食事日記VI 桜のお食事日記VI

黄ニラ入りエビ餃子:黄ニラの香りが◎
蓮の葉包み炒飯:香りが一人勝ち
桜のお食事日記VI 桜のお食事日記VI


好きなものばかりいろいろ。

久しぶりのルパルクでしたが、やっぱり安定しておいしかった!


20110909 中華 好きな店

この記事のURL | 中華 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
鼓椒煎香魚@竹爐山房 吉祥寺
2011/08/28(Sun)
竹爐山房、初訪問
食べて、そして ときどき旅VI


食べて、そして ときどき旅VI 食べて、そして ときどき旅VI

鼓椒煎香魚は鮎を揚げて豆鼓と野菜のソース、苦味が良く
泡によく合いました。
食べて、そして ときどき旅VI




食べて、そして ときどき旅VI


皮付き豚とタロ芋の煮込みは

とろっ
としたタロイモと豚の脂が同じテキスチャーで洗練された
一皿。

食べて、そして ときどき旅VI

清蒸魚は石垣島のハタ、ハタの身質が良くて◎。

食べて、そして ときどき旅VI


ゴーヤのシャーベット レモン
ゼリー添え

ほろ苦いゴーヤのシャーベットが印象的で
甘さも適度で嵌まりました。

食べて、そして ときどき旅VI


とうもろこしのアイス ミルクゼ
リー添えは

本当にとうもろこし味、ミルクゼリーとまった
り感が合わせてあります。



食べて、そして ときどき旅VI 食べて、そして ときどき旅VI



成度が高くて安定感のあるお料理なのにワクワクするメニ
ュー。

季節毎に訪れて楽しみたいなと感じるお店でした。



寒くなったら、またご一緒下さい!


20110827 中華

この記事のURL | 中華 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
里芋と枝豆@蔡菜食堂 中野
2011/08/26(Fri)

お休みの日はメンテナンスデイ。美容院の帰りに中野の蔡
菜食堂へ。
上海家庭料理のお店です。お料理の色合いはとても地味(
笑)
いんげんの炒めは季節の立派なインゲンがとてもいいお味

枝豆に里芋の旨みが移っておいしさアップ↑
トマトと卵のスープは酸味としっかり味で◎
どれも見た目地味ですが、毎日でも食べたいお皿ばかりで
した。
久しぶりの訪問でしたが、また行かなきゃと。



枝豆に里芋の煮物

食べて、そして ときどき旅VI


鶏レバーのパテ

スペアリブの黒酢炒め

食べて、そして ときどき旅VI  食べて、そして ときどき旅VI


おつまみセットは

中華麩、ザーサイ、白切鶏、炒りピーナツ、ビーナツと筍のテンメンジャン和え、白菜の赤唐辛子あえ、

食べて、そして ときどき旅VI

インゲンのピリ辛炒め
食べて、そして ときどき旅VI


トマトと卵のスープ

ナンプラーとアンチョビやきそば

食べて、そして ときどき旅VI  食べて、そして ときどき旅VI


食べて、そして ときどき旅VI


20110824 中華 好きな店
この記事のURL | 中華 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
夏バテによくききました(笑)@大珍楼新館 為食会
2011/07/18(Mon)

友人にお誘いいただき、宴会に参加。

今回は夏ばて回復のスタミナ料理がテーマです。


食べて、そして ときどき旅VI


紹酒冷鮑魚

冷製エゾアワビの下にチビッ子クラゲ


食べて、そして ときどき旅VI


このクラゲがいい味で絶品

食べて、そして ときどき旅VI


潮式凍大[虫介]

巨大青森産ワタリガニを、まず凍らせて凍死させてから蒸して冷製で

食べて、そして ときどき旅VI

しっとりとしてそのままでもおいしかったのだけど

ニンニク・トウガラシソースがあるとさらに中華感アップ
食べて、そして ときどき旅VI

鮑翅冬瓜船
先日も冬瓜のスープをいただきましたが、今回は趣向を変えて立てではなくて横になって登場!

食べて、そして ときどき旅VI


ふかひれのこりこり感と冬瓜の雲のような軽さ、そしてカニの旨み、一体になって美味。

食べて、そして ときどき旅VI


今日の1番

鹿跟焼婆参

鹿のアキレス腱と?ナマコの食感と上湯にくらくら

焼婆参というのは干しナマコの中でも特別大きくて上等のものらしいのですが

もしかしてこちら でいただいたのも同じものかしら。色白なのはナマコの種類によるらしい。

食べて、そして ときどき旅VI



玉串田鶏腿

カエルのお皿は軽やか、骨付きが◎

食べて、そして ときどき旅VI


蒜子扣白鱔

鰻と皮つきの豚バラをあっさりと煮込んで

これはわたし的にストライク、香港の鰻の土鍋ご飯 に通じます・・・・また食べに行きたいなあ!

ブログチェックしたら、最後に香港行ったのが2008年5月、ずいぶん行っていませんね。

食べて、そして ときどき旅VI


辣焼汁鰐
鰐を食べるのは初めてかも、黒コショウのきいた鰐の肉質はあっさりとしているのでピリッと辛く味付けされていました。社長の中でブームらしいのですが、しっぽの肉だそうです。

食べて、そして ときどき旅VI


生猛酔翁蝦

才巻に紹興酒お酌中

食べて、そして ときどき旅VI


暴れる暴れる⇒動画はこちら


酔いつぶれた海老を慎重にふたの穴から鍋に投入。これは海老が跳ねても大丈夫ないい工夫ですね。

食べて、そして ときどき旅VI


絶妙な火加減で、エビの鮮度もいいので味噌がとてもおいしい♪

海老好きの幸せ

食べて、そして ときどき旅VI


上湯浸米粉

海老をゆでた後はビーフをあっさりと煮込んで

食べて、そして ときどき旅VI



藩茄鶏炒飯

社長が冗談で『ハヤシライスです』と(笑)

トマトの酸味が夏らしく、下には炒飯・・・・このあたりでおなかがかなりいっぱい。

食べて、そして ときどき旅VI


錦綉西瓜盅

スイカには龍がきれいに掘られています。中にはスイカと杏仁豆腐

食べて、そして ときどき旅VI


スイカがおいしいなあ。なかなか買えないホールスイカをしみじみ味わいました。

食べて、そして ときどき旅VI


四式美甜点

赤ワインのもちっとしたクレープにはソーテルヌ・レーズンチョコ、キュートなカメさんは蓮の実餡、金木犀のジェレに揚げ菓子がが微妙に懐かしい味。

食べて、そして ときどき旅VI


デザートはお持ち帰りして食べたら、さらにおいしい(笑)

夏の休日の優雅な昼食会でした。ありがとうございました。


冬瓜に鰻に鰐まで、なんだか今週は身体が軽いみたい。

冷たいものばかりでなく、しっかりしたもの食べないと夏には勝てないということがよくわかりました。



20110718 中華 宴会 横浜

この記事のURL | 中華 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。