2017/09 ≪  2017/10 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017/11
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
楽しいスペイン・バル@田原町アメッツ
2012/01/30(Mon)
スペイン・バル、田原町アメッツ探検

大好きなチャコリ、アメストイを見つけて最初からいい感じ

スペインからすみ マグロ・紅だら・ぼら 
いきなりお酒進みます。日本のに比べて軽い食感。



生ハム、マンチェゴ、ポケロン盛り合わせ

モルシージャのオムレツ
日本ではもう食べられないのかなと思っていたモルシージャ。
オムレツになってとろとろ♪

今日の1番 鶉のエスカベチェ
野趣あふれて楽しい♪

 赤も追加


小ヤリイカのフリット
素直においしい。

 牛のしっぽとポルティーニの煮込み

 エビのアヒージョ

 生ハムのミニコロッケ

 イベリコ豚セクレトのソテー ベリーソース

 バスクチーズの衣をまとったチーズ・アイス


妥協なく現地の味を再現、3-4人でわいわいと、一人でふらりと楽しみたいお店です。
お店貸切宴会では仔豚も焼いてくれるらしい。いろいろな楽しみ方ができそうです。

20120125 フレンチ・ビストロ スパニッシュ 飲んだお酒 ワイン




 

スポンサーサイト
この記事のURL | 海外 香港 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ドライマンゴー、そして杏仁糖@話梅王 上海?鳳有限公司
2012/01/15(Sun)
芒果肉(モン・グォ・ヨッ)
果物は得意ではないのでドライフルーツは苦手でした。
JIJIさんにいただいたドライマンゴーに惚れ込んで目覚めました。
自然の酸味と柔らかさが好みです。
お店がわからなかったのですが、ブログがいい具合にクライドとなって
お店判明したので訪問。試食してみて記憶どおりの絶品♪
呂宋と書いてあるのでフィリピン産かな。
http://www.my-cosmos.jp/mypage/weblog/blog/110/35626

お店の代名詞になっている話梅(ワー・ムイ)
甘酸っぱく味付けた干し梅。こちらのお店の話梅はビニール袋に「話梅王」と書いてあり、これがお店探すのに役立ちました。7種類もあり、味見してたらどれがどれだかわからなくなってしまいました。食べやすかった『原粒話梅肉』というのを購入。甘酸っぱい味は駄菓子屋さんの杏を思い出すようでした。姪っ子に大ヒット。
 もう一つのヒットは杏仁糖(ハン・ヤン・トーン)
ナッツの香ばしさと質がとてもよく、ほのかな飴がけが味にアクセントを添えています。
とても気に入ったので次は大人買いしてこようと(笑)
アメリカ産アーモンドとピーナツを砕いて飴に絡めたものだそうです。

これ以外にも胡桃の飴がけも甘さが控えめ、胡桃に苦味がなく軽やかでナッツ類の質のよさに惚れ込みました。次回行くときには美国開心果(ホイ・サム・グォ) や無花果 <モウ・ファー・グォ> 、姪が喜びそうな嘉應子 (ガー・イェン・ジー) や山渣條 サンザシの砂糖漬け (サン・ザー・ティウ) にもチャレンジしてみたいなと思います。

上海?鳳有限公司
住所92 Percival Street, GF, Causeway Bay, Hong Kong
住所(中国語)香港銅鑼湾波斯富街92号
電話番号2504-2328
営業時間10:00~22:30
休業日旧暦新年1~7日まで
クレジットカード不可 現金のみ

http://www.hongkongnavi.com/shop/105/
20111230 香港 買い物 お土産
この記事のURL | 海外 香港 | CM(1) | TB(0) | ▲ top
臘味?仔飯
2012/01/08(Sun)

中華ソーセージは2種類赤い方のと黒いの
1合に各2本ずつは多すぎでした。次回は1本ずつでよさそう。

 

のレシピで

生抽(香港しょうゆ) 大さじ1
老抽(色づけしょうゆ)大さじ1/2
グラニュー糖 小さじ1/8 で作りましたが、
醤油に十分な甘みがあったのでグラニュー糖は必要なかったみたい。

醤油は螺寶と螺芝
丸莊螺寶黑豆蔭油清
丸荘螺光黒豆蔭油膏
台湾ので黒大豆から作られたものらしいです。お茶屋さんの隣の台湾食材店で購入。
九龍のThrity-sixのスーパーにもおいてありました。天然成分で防腐剤を含んでいないということで冷蔵庫保存かな。

次回のために作り方覚書
材料
タイ米(タイのもち米が手に入ればそのほうがいいらしい、本来は絲苗米) 2合
水 米と同量 (米の1.5倍というレシピもあり)
塩 ひとつまみ
植物油 少々

かけ醤油
生抽(香港しょうゆ) 大さじ1
老抽(色づけしょうゆ)大さじ1/2
(この醤油ならグラニュー糖小さじ1/8はいらなさそう)

①米を洗い、つけずにざるに上げる。
②?仔に分量の水、塩、植物油を加えて、箸で混ぜる
(塩で味つけしておくと味がなじむ。油を加えると、米がつやつやし米粒が立っておいしくなる)
③強火にかけて沸騰したら弱火 。
④ご飯に穴があいてきたら具を載せる
⑤?仔の底に火が当たる部分を少しずつずらしながら、全体に均等におこげを作る
(?仔をまわしながら、火にかけ、 おこげの香りがして煙が立ってきたら火を止める )
⑥火を止めたらそのまま5分蒸らし、蓋をあけてかけ醤油をかけて更にふたをして蒸らす。

中華ソーセージのパッケージには12-15分蒸して食べると書いてあり洗わないで布で拭いてとあるが、では『臘腸、潤腸、臘肉洗淨, 用熱水沖一沖, 抹乾, 切件備用』熱湯で洗うと書いてあるような気がする。どちらがいいのでしょうか?

 20120108 お家ご飯 ぼうちゃいふぁん 土鍋ご飯 中華
この記事のURL | 海外 香港 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
山の上で食べるクレソン炒め@端記茶楼 川龍村
2012/01/03(Tue)
今回の香港に来た理由の1番は『山の上でクレソン炒めを食べたい!』
前回までは師匠に連れられてだったので、一人で行くのは初挑戦。

まずは地下鉄で茎湾まで。これは比較的楽勝。茎湾線ではなくて途中まで東涌線にのったら早かった。「aruco香港」に詳しく説明されていますが、B1出口から歩道橋渡って突き当たりで右に降りる左に振り返るように歩き果物屋さんのアーケードを抜けると80番の川龍村行き乗り場。ミニバスはオクトパスカードがないと不便です。タクシーで行ってもいいけれど、帰りはタクシー呼びにくいのでミニバス乗れる用意は必要。
 
ミニバスは笑えないくらい荒っぽい運転。しっかり手すりなどにつかまっていないと飛ばされそう。香港駐在していたJIJIさんによると会社から『危ないから乗らないよう』と指導されていたとのこと。今回行きの登りより、帰りの下りのバスの運転手さんがすごかった
 
川龍村が終点なのは助かります。途中のバス停だったら降りれる気がしません
バス停から少し降りるとお店が見えてきます
 

『西洋菜』が籠に山盛り
 
駐車場側からはこんな感じ。左の方に新しい駐車場もできていました。
 

まずは2階席を確保しお茶と食器を洗杯(センパイ)し、さらにアルコールウェっティで消毒(笑)
 
まずは目的のクレソンをお願いします。
 
そういえば香港きてから焼き物食べていないなと焼豚も頼みます。
 
クレソン炒めと焼豚
鉄がまろやかで清い味がするクレソン炒め 焼豚
クレソンはオイスターソース味、今回初めて食べた焼豚がヒット。
蜜汁が焼豚に妖しく絡み、見た目以上に旨い!白飯とあわせて幸せな朝ごはん。
 
朝ご飯としては十分以上の量でしたが、点心に誘われてしまいます
大好きな海老腸粉は蒸篭には入ってないので板場に直接オーダー
腸粉がフルフル、今回の腸粉は厚みといいプルプル感がなんともいえずいい!
いままでで一番おいしいかも
 
もうお腹いっぱいのはずですが、どうしても気になったので蒸しパンも。
柏の葉がひいてあり香りよく、中には具はありませんがむっちり。
 
こちらにはお客さんが連れてきた鳥がいっぱい。
ほとんどが白い布をかけられて歌う練習中です。
 
お店の前のクレソン畑では収穫中。クレソン畑で沈まないように板を渡して上手に摘む方。
地元の方でしょうか直接クレソン一袋かって行く人もありました。
 
 
MTRとミニバス乗り継いで小1時間でいける郊外の山の中。
地球の歩き方にまで掲載されてお店が日本人でいっぱいだったらどうしようと思いましたが、そんなことはなくちょっと安心。心洗われゆったりとしたブランチでした。

20111230 香港 食事 好きな店
この記事のURL | 海外 香港 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
火鍋4種食べ比べ@高流湾
2012/01/02(Mon)
夕食は火鍋、友人の同級生の会に混ぜてもらいました。総勢13人!
お店の入り口はとても狭く二階に上がります。階段にはたくさんの写真が貼ってありました。
人気店みたいです。
 
まずは薬味から。周りに習ってドライガーリックとネギのみで
  
 
一つ目の鍋は左が元茜皮蛋湯(ピータンと香菜):まったりスープが好み
右が四川麻辣油鍋:私にはかなり辛くて、あまり食べきれない感じでした。

 

2つ目は左が豚骨[保/火]鍋(とんこつスープ):素直においしい
右が清潤海底椰鍋(海底ココナツと豚のスープ):ほのかな甘みを感じます
 
牛肉
 

墨魚丸 イカ団子



魚皮餃 魚団子
 

生根 Fried Gluten:要は揚麩ですがこれは大好き
 

甘露炸響鈴:揚げ湯葉と訳してくれたのですが、とても甘みがあります。
 

上が名物料理
下が招牌四色丸(墨魚、海蝦、鮮魚、猪肉丸):イカ、海老、ウグイ、豚肉たんご
 

高流湾自制雲呑:お店の自家製海老雲呑
ぷりぷり海老がたっぷり。雲呑は飲むものとの教えを受けていますが
とても一口では飲み込めません。おいしいなあ~。
 
 


このお店の名物料理だそうです 
油條に海老のすり身と魚卵がのっています。
煮込むと油條にスープが染みこみ美味。
魚卵に海老に油條と好きなもの3連発で幸せな味。
 
 

水上飄飄
英語と漢字を見るとイカと海老の揚げたのに魚卵がトッピング
海底ココナツスープで食べたのでほんのり甘くなりました。
 


蟹粉包丸 蟹味噌いり魚団子
これは素直においしい、説明の要らないおいしさ。
 
中には蟹粉
 
 
火鍋というとつい羊肉!という気がするのですが、
海鮮系火鍋のお店でしたので具も趣向を凝らしたものがたくさんあり実に面白かったです。
そして飛び交う会話は広東語、音楽のように聞こえました(笑)
そして何よりも大勢で囲む火鍋は楽しくおいしかったです!
ありがとうございました。

20111229 香港 食事 火鍋

この記事のURL | 海外 香港 | CM(1) | TB(0) | ▲ top
ドリアンクレープそしてマンゴーココナツ餅@[草/亡]果大王 太[土甫]美菱居地下
2012/01/02(Mon)
お腹いっぱいのお昼の後はのんびりおしゃべり、日本にお互いいてもなかなか会えない友人のとゆっくり話せたのは楽しい時間でした。

太[土甫]美菱居地下の甘味どころへ。
[草/亡]果大王という店らしい。
 
なんだか冷えたので暖暖推介から香草緑豆沙
ほんのりとした甘味と小豆のような煮かた。
香草が爽やかで全部は食べられないと思っていたのに完食!
これは有ですね。冷たいのもあるみたい。
 
みんなでシェアして食べたのは
 ドリアンクレープ
実はドリアン食べるのは2回目、ちょっと恐るおそる食べるとおいしい。
クリームとクレープに包まれているので、クレープ自体匂いはしないのですが、
食べた後口の中に広がる不思議な香りはウオッシュチーズみたい。
 
こちらはドリアンのメニューは充実、次はこちらも試してみたいです。
でもにんにくと一緒でみんなで食べないと人迷惑かも(笑)

そしてこのお店の大ヒット
 ココナツマンゴー餅
ココナツたっぷりのお餅の中にはフレッシュマンゴー。
マンゴー自体がとてもおいしい。南の国からの幸ですね。
またたべたいなあ!

 香港スイーツって芋とか多いですよね。これもお芋と白玉のデザート
甘味控えめでいい感じ
 

普段、甘いものには近づかないので、こちらがスタンダードなのかわかりませんが、
なに食べても甘味が控えめでわたしでも抵抗なく食べておいしいものばかり。
次の機会にも是非訪問したいお店です。でも一人で行けるかな(苦笑)

20111229 香港 甘味 食事 
この記事のURL | 海外 香港 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
海の上でシーフード@水中天休閒釣魚會  太[土甫] 吐露湾
2012/01/02(Mon)

2日目は快晴、さすが南国汗ばむぐらいの気温です。
今回は車で連れてきていただきましたが、太[土甫]墟の駅から74Kのバスでも来れるようです。
ボートでレストランまで渡ります。

 
レストランは養魚場に囲まれたいかだの上、
海をそのまま利用の生簀には20年物のハタも泳いでいます。
  

白灼鮮蝦 ゆで海老
まさに新鮮そのものの海老をゆでただけなのですが、火入れの加減が最高!
また頭が甘くておいしい!!!海老好きとしては幸せな一皿



蒜蓉蒸龍蝦仔 
龍蝦というのを「ざりがに」と訳してくれたのですが、伊勢海老やロブスターの仲間で小さいのというようです。にんにくがいい感じに旨みになっていていくらでも食べてしまいそう(笑)



清蒸鮑魚仔 とこぶしの蒸し物
これもなかなか大きくて旨み満載。シーフードの鮮度が本当に良い!

 左 金銀蒜蒸扇貝 扇貝のにんにく蒸春雨添え
右 魚排生捕鮮蟹,薑蔥炒蟹 かにのネギ生姜炒め
 

左 辣酒煮花螺,薯粉絲入哂?辣酒汁:
つぶ貝の辛く煮たものじゃが芋製の春雨がまた辛いけど美味。
右 清蒸魚排海上鮮 白身魚の蒸し煮 素直においしい味。

  
右 酥炸珍珠螺 : 貝のフリット
左 水香雞 : 素直においしい香港の鶏。写真は色が飛んでしまっていますが、皮目の黄色さが特徴ですね。日本とは鶏の種類も育て方もそして何よりも鮮度が違っておいしいです。

  

鹹魚茄子?もあったのですが、どうも写真撮り忘れ。
蒜蓉炒唐生菜 レタスのにんにく炒め こちらに来るとレタスを鍋に入れたり炒めたりと活躍しています。レタス買うといつも食べきれなくて余してしまうので、炒めて食べてみようと思いました。

今回はコースでいただいきましたが、シーフードBBQもできるようです。
またいかだの上には釣りスペースもあり、平日ですが釣りに来ている人もいました。
ボートなども貸してくれるようなので、1日遊べそうな場所ですね。


水中天休閒釣魚會

20111229 香港 シーフード 食事





この記事のURL | 海外 香港 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
香港風土鍋ご飯 レシピ
2012/01/02(Mon)
作り方
http://www.hongkongnavi.com/special/5002402

20120102 中華 土鍋ご飯
この記事のURL | 海外 香港 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
バブリーなバーで朝ごはん@リッツカールトン香港
2012/01/01(Sun)

1度くらいはホテルで朝食を。


いきなりなんだかな内装。汐留のコンラッドみたい・・・。

席はソファー席、窓の外は香港島。とても食事しにくい席でした。

桜のお食事日記VI 桜のお食事日記VI


オレンジジュースは理想的な味。

でも他のはわざわざ食べなくていい感じ。

桜のお食事日記VI

お粥も普通においしい。
桜のお食事日記VI


ちょっと食べたいものとは違う感じでした。


20111229 香港 食事 ホテル

この記事のURL | 海外 香港 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
新リッツカールトン香港
2011/12/29(Thu)

2007年のGWは香港島にあったリッツカールトンに宿泊。

今回は新しくなったリッツカールトンに止まってみました。

お部屋はこんな感じ

桜のお食事日記VI

お外はこんな感じです。高すぎてあまり物がよく見えません。空に住んでいるみたい。
桜のお食事日記VI 桜のお食事日記VI

このガラスの置物はなんだか微妙。そしてwelcome fruitは柿が3つ、食べる暇はないような気がします。
桜のお食事日記VI 桜のお食事日記VI


20111228 香港 ホテル
この記事のURL | 海外 香港 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。