2006/12 ≪  2007/01 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2007/02
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
銀座ロウジェでお食事を①
2007/01/13(Sat)




銀座は並木通りにグラン・メゾンはあります。




今日のメニューはこんな感じで


季節のカクテルはミカンです。カリンやコアントローも入って精密な美味


このカクテルは好きです


アミューズはニンジン、ちょっと甘いかな


素敵なプレゼン。パプリカが無塩、フルール・ド・セルが有塩バター
当然有塩バターで


塩デニッシュとバゲット
パンがおいしいけど、我慢。


まずはシャンパンを、今日はローラン・ペリエで


泡も美しく


アミューズその2はトリフのジェリーとフォアグラのえぷすーまと、そしてその下は?


ジェリーとエプスーマが濃厚でおいしい
シャンパンに合います


メインに合わせて出していただいたのはエルミタージュ、ローヌかな。


98年ということで開けたてはちょっと堅め、デカンタしていただいて準備中
スポンサーサイト
この記事のURL | フレンチ・ビストロ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ロウジェでジビエを②
2007/01/13(Sat)


前菜は思ったより小さくこれなら2品づつ頼んでも良かったかな
まずはキャビア・オシュトラと新鮮な貝類のタルタル トマトのジェレ サフランのヴェルヴィーヌの香り
キャビアがおいしいな!当然泡と合います




グラン・メゾンでエスカルゴというのが面白かったので頼んでみましたが、これはいまいち


メイン用のナイフですが、ビビッドなクリスタルカラー


これがラギオールというのは意外


ブレスの若鳥はももがおいしい。胸肉はブレスにしてはしっとり感が足りない。
ジロールと一緒に食べないと厳しい。


スコットランド産ベガス ソース・サルミ シュー・ファルス添え
何といってもこれが最高、今日の1番


頭も2つ割りに、脳みその誘惑
手でガツンと行きます。ちょっとだけしかないのが小憎たらしい。
その肉の野生の旨みとサルミソースの完成度の高さに感激
サルミには酸がきいていて飽きさせない。
ベガスは何年かぶりなのでとても嬉しい。毎年ここに食べにこようかな。


お料理はちょっと少なかったなと思いつつ、フロマージュへ続きます。
ちょっと知らないのがあって嬉しい。


6時から時計回りに、モンドール、ロックフォール、コンテ、牛のセミハード、セルシュルセル
そしてオリベ・サンドレ


このオリベ・サンドレが一番
この記事のURL | フレンチ・ビストロ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
グラン・デセールに降参③
2007/01/13(Sat)


お食事が軽かったのでデセールまでいける雰囲気です




まずは食後酒はコンドリエール、蜂蜜のようなとろっとした美しさ


お口直しはフランボワーズ?のソルベに、えーと下のはなんでしたっけ?
でもこれが美味なのです。好みです。


Cuteなクリーム・ド・ブリュレはル・アンバサドールのに似ています


小さな胡桃のタルトはかなりがっちり、香ばしい


マカロンは好物なのですが・・・・・・・・・


ホワイト以外はいただきました。どちらもナッツが入っていておいしい


ブリュレ断面ショー


他のを食べすぎて大好きなマカロンにたどり着けなかったので断面写真だけ
これはバラのマカロンです


グランデセール登場
ウフアラージュと酢橘のソルベ 山椒の香り メープルシロップのエスプーマ
おいしいです。でもそろそろ限界。甘いものは別バラではない私です。


マロンのグラスとラム酒風味のサバラン パイナップルのポッシェ エピスの香り
よくお酒がきいています。好きだけどもう食べれない~


そういいつつ苺のソルベはいただきます。イチゴがストレートにおいしい


フレッシュいちごとミルクのアイスクリーム


プティフールまでワゴンできました。ショコラは%表示です。


ついいただいてしまいましたが、ちょっと多すぎました。残してしまいました。

総括
前菜2品、メイン1品もしくは魚1品、肉1品いけますね。
ベガスは一人一皿で次はいきましょう。
デセールは私はプティ・フールだけでやはり十分なようです。

でもお店の感じも良く、サービスは満足。
次回はメニューの選び方を検討すれは、ほぼ完璧かな。

東京フレンチ、コート・ドール、北島亭に加えてロウジェが増えてしまったかしら(笑)
この記事のURL | フレンチ・ビストロ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
Crillonで朝食
2007/01/02(Tue)

今回、贅沢をして憧れのクリオンに宿泊。
ハム類が朝から充実しています。特においしいのがロスビの陰に隠れて見にくいけど
パルマ産の生ハム。ハモン・イベリコ・ベジョータに勝るとも劣らない、互角の勝負です。
何回もお代わりしちゃった。

マドリッドのリッツもサーモンおいしかったけど、クリオンのはまた違っておいしい。
こってりあぶらののったおいしさです。いろいろトッピングしないと負けてしまいそう。

シルバーも完璧に磨かれて

お砂糖入れも当然シルバーです。

テーブルごとに菓子パンが山盛り

左がオレンジ、右がグレープフルーツジュース、どちらもわたし的基準以上の美味

内臓のハムは赤ワインが欲しいです。

ミルクティーでもカフェ・オ・レ・カップ、ちょっと多いです。

パン・オ・ショコラはどなたかに進呈、実はそのために食べてみました。

チョコもたっぷりと。でもフランスのチョコレートは私でもおいしく感じます。
洗練されているのでしょうか

クロッワサン・ザマンド
実はこれがすごく美味しかった!周りはパリパリに砂糖がけ

ふっと割ったら、もう手がべとべとでどうしようもない
ダマンドは小ぶりで親指の先ぐらいの大きさなんだけど
それだけで十分な甘みと香り。今までで一番のクロッワサン・ダマンド
夢に出てきそう

旅行最後の食事も堪能し、このあと凱旋門までちょっとお散歩へ
この記事のURL | パリ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
La Table de Joel Robshion
2007/01/01(Mon)

トランジットがてらパリに1泊。でもパリでも元旦からあいている店は皆無に近い中、ホテルのコンシェルジェが見つけてくれた。



アミューズはフォアグラとナッツのムース、濃厚です。

今回はハーフサイズからのオーダー、働き者の北アフリカンのウェイトレスさんのお勧め4品とExotic mashroomが気になって注文。
まずはClab cake
上に乗っているのが蟹です。その下にいろいろな層が

次はExotic mashroom soupという言葉に惑わされました。今回これだけははずしました。セップとかジロールを期待していましたが、
・・・・・・・フランス人にとって「椎茸」がエキゾチックなようです
しいたけラビオリはなんだか沢煮椀をいただいているよう。でもラビオリの皮のテキスチャーはちょっと驚きあり。 木匙にあるのはクルトンではなくマンゴーです。
スープに入れてちょっと驚きの組み合わせもなかなか良し。
でも椎茸のインパクトに負けて残しました。

今日の1番
手長えびのパードシュクレというよりは薄皮春巻き風
海老がふっくらむちむち

べたなところでシンプルなフォアグラを
素直においしい

メインです。付け合わせのマッシュポテトがおいしいです。

でもこれは多すぎるのでは

今日はお腹が軽いです。ハーフサイズなら日本と同じ感覚で頼めますね。
調子に乗って珍しくデザートが入りそうと思ったけど、これはやはり
甘い、多いでした。

口直しにお茶を頼んだら、また鉄瓶です。とことん南部鉄瓶はやっています。

チョコはヌガーはカラメルです。もう甘いものはギブアップです。
今回の旅はとことん甘いものは守備範囲外ということでしょうか。
でもひとつだけお持ち帰りしました。

2つ星といわれると?という感じですが、気軽に食べれるお店です。軽くおひるしたいときにいいかも
この記事のURL | パリ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
Les Ambassador New years Eve Brunch
2007/01/01(Mon)



早起きをしてパリに移動したのはここでBrunchをとるため
ここのレストランはまさにPalace!
このレストランの後に恵比寿のシャトー・レストランに行ったら
張りぼてに見えてとっても楽しくなかった。

最初から飛ばして来ています。ミニ・バゲットの上にはさり気に
自家製フォアグラが。今まで食べた中で1番おいしいかも。

この柔っぽさ、とろけ具合、テキスチャーのきめ細かさ…最高です。

ガラスの中にはオマール海老のココット卵そして黒トリフいっぱいが。
ひろがる至福の香り!くらくらします。

次は4つのうちから選べるのですが、何の気なしにリゾット文字だけ見て選んだのですが、
白トリフに覆われたリゾット、ポルチーニソース

これも幸せとしかいえません。

オレンジジュース

なぜか最初に出てきたクリーム・ド・ブリュレ
軽くて甘みが控えめで好みです。
あとはチョコとフルーツです。

ボルディエのバターは手前が無塩、向こうが有塩。
このバターは美味です。手に入れたいなあ。
(日本ではナリサワのショップで売っているみたい)

このバゲットとこのバターがあれば、これだけで朝ごはんになってしまいます。
もっと食べたいけど、いろいろあるので我慢です。

ジャムは大好きなFerber。イチゴとリュバーブ、そしてオレンジマーマレード
イチゴとリュバーブはトロトロで好みの味です。いつもながらフレッシュなコンフィチュール

休日ですものお昼からシャンパンを

水のロマネ・コンティ、シャテルドンはNaturaleだけど微発泡
ちょっと苦手な味

Palaceでしょ?

ビュフェもいかがですかといわれ、挑発に乗ってしまいました。
エポワスにパルマハム、スモークサーモンです。
レモンが絞ったときに種が飛ばないようにガーゼでおおわれています。

デザートは焼きバナナのカラメライズとパンケーキではなくて・・・・・

焼きカスタードです。これはおいしい。

手前のパネトーネも、向こうの甘い菓子パンも美味しい。
でも1cmぐらいがおなかの限度

最後にエポワスでとどめです。

食事が終わったらチェックインしてお昼寝です。幸せな午後。
この記事のURL | パリ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。