2012/03 ≪  2012/04 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2012/05
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
豆ご飯
2012/04/30(Mon)
豆ご飯は大好物!
羽釜での炊き立てはまた格別です。
 
20120430 お家ご飯
スポンサーサイト
この記事のURL | お家で食事 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
スモーガースボード@スカンディア 横浜
2012/04/30(Mon)
雰囲気のあるお店はヨーロッパのよう
懐かしいお料理をいただきました。

 20120421 北欧料理 EU料理 横浜
この記事のURL | EU料理 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
はしご食べ(笑)@横浜中華街
2012/04/30(Mon)
朝からお勉強したお昼は抜け出して中華街へ

まずは水餃子@山東
ザクザクしたたれが気に入っています。

 

関帝廟通りで焼き物にひきつけられ
アヒル、豚耳、叉焼、3種盛り合わせ@金陵
アヒルが素晴らしい・・・(ウットリ)
皮つきのバラはタッチの差で売り切れで残念!
特製 焼売@金陵
お母さんが「おいしいよ。いつもあるわけじゃないんだよ」と勧めてくれました。
お肉と肉汁の旨みがきゅっと詰まっていておいしかった!
 

蛋達@紅錦
肉食なランチの後はおやつを買ってきました。
こちらのエッグタルトは好物。

 

2日目ランチは計画的に開店時間に萬来亭を予約
春炸鴨舌 鴨舌の香り炒め
こちらの鴨舌もおいしいです。

 

青瓜毛豆 きゅうりと枝豆のあえもの
これ大好き!ビールの友。

 

上海炒麺は極太。 お隣の食べていた海鮮炒麺もおいしそうでした。

 

当然のことながら午後のお勉強はちょっとうとうと(苦笑)

20120421 中華 横浜中華街 
この記事のURL | 中華 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ご飯の楽しみ@木挽町大野
2012/04/30(Mon)
和食リクエストに木挽町大野に訪問

向附 
マグロと薬味のバランスがいつもつかめない。
必ずどちらかが余ってしまうのです(笑)

 

鴨の治部煮
こちらでは定番ですが、今日はひときわおいしい。
絶品ご飯がさらに進んでしまいます(笑)

 

絶品こごみ
1年ぶりにいただました。しみじみおいしい。

 

絶品ご飯
毎日、その日の分だけ精米して丹念に炊いていただきます。


とびきりのご飯と定番料理。
派手さはないけどしみじみ美
味しいお料理です。

また新米の時期に伺いたいです。

20120428 和食
この記事のURL | 和食 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
燗酒の会@第104回木陰浮月粋人盃
2012/04/30(Mon)
いつもの石澤さんの会でお燗実験(笑)
天狗舞の古古酒と越の寒梅が実においしくなりました。


 
20120425 お酒のイベント 飲んだお酒 日本酒
この記事のURL | お酒のイベント | CM(0) | TB(0) | ▲ top
鯛の楽しみ@季楽の会 4月
2012/04/30(Mon)
前菜:筍の木の芽和え・こごみの胡麻和え・鯛もずく・鯛笹寿司
お造り:鯛松皮焼き霜造り・鯛昆布締め薄造り
焼物:筍のステーキ
煮物:筍と赤豚の柳川風
止め椀:鯛潮汁
御飯:鯛茶漬け、鯛そぼろご飯
デザート:アルケケンジ

鯛昆布締め薄造り
藻塩と酢橘で

鯛茶漬け


鯛そぼろご飯

獺祭 純米大吟醸50
くどき上手 春はくれん 超辛口吟醸
最近、獺祭をいただくことが多いですが、良いお酒ですね。
ばくれんはやっぱり飲みたいお酒です。
 

20120427 季楽の会 人夢キュイジーヌ 飲んだお酒



この記事のURL | 食のイベント:人夢キュイジーヌ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ホワイトアスパラ尽くし@オマージュ 浅草
2012/04/30(Mon)
連休初日はお祝いがてらオマージュへ
以前と違ってアラカルトがなくなったのが残念。
コースは3種類。今回は季節のホワイトアスパラのコースで。

アミューズ
ホワイトアスパラのパンナコッタ
ムースの香りと旨みが素晴らしく、これからを期待させてくれます。
白とともにいただきたくなるお皿でした。

 

佐賀産ホワイトアスパラの温製 蛍烏賊のソース エディブルフラワー添え
ホワイトアスパラ前線も佐賀まできたのですね。最近は国産のものでも太くてしっかりしたものが増えたような気がします。これも香ばしくて、ソースは蛇足に感じます。

 
 
グリーン&カマログ産ホワイトアスパラと空豆の煮込み
ソースは黒トリフたっぷりで濃厚。地味ですが味わい深い。

 
 
黄ハタ、ホタテとアスパラガスのナージュ 筍入り
筍とホワイトアスパラの香ばしさが良いハーモニー

 
 
イベリコ仔豚のブレゼ・ロティ ホワイトアスパラのキュイ&クリュ
仔豚ちゃんは素直なお味。 実は付け合せの黎いアスパラに感動!
黎いアスパラ=カマログのホワイトアスパラ竹炭揚げは
旨みの凝
縮と衣の中での蒸され具合といい絶品!
これを1本丸のままで前菜で食べたい

 
 断面ショー

 

やはりこういう料理にはワインをしっかり楽しみたい。ソムリエさんのお勧めで白と赤。

 

いつもはデセール、パスですが、今日はおなかも軽く完食!
  

ホワイトアスパラのコースは尽くしでありながら、お皿ごとに趣向が違い単調さを感じさせず、構成が見事でした。カルトがなくなったのは残念ですが、このコースなら納得。また季節が変わったら訪問したいお店です。

20120429 フレンチ 好きな店 ワイン 飲んだお酒
この記事のURL | フレンチ・ビストロ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
思いついてお赤飯
2012/04/18(Wed)

 

時々、無性にお赤飯が食べたくなることがあります。
ということで炊きました。

年に一度くらいのことなのでレシピ忘れてしまうので備忘録(笑)

材料

もち米             3.5合 (約500g)
ささげ豆 または 小豆  1/3合 (約50g)
豆を本茹でする水       5合 (900cc)

しと
豆の茹で汁          300cc
塩               小さじ1(5g)

1、豆を洗って鍋に入れ、被る位の水(分量外)を入れて火にかけます。
沸騰したら火を弱め、2-3分茹でて、ザルにあけます。

2、豆を鍋に戻し、5合分(900cc)の水を入れて火にかけます。
沸騰したら、豆の皮が破れないよう、豆がゆっくり踊る位の火加減にします。

3、噛んでみて、固いが食べれる位の固さに茹でます。
茹で時間は、豆の状態にもよりますが、大体、沸騰してから20-30分位です。
(25分では固く、35分ではやや柔かった。30分がベストか)

4、煮えたら、豆と煮汁を分けます。
豆は冷まし、冷めたら乾燥しないようにして下さい。

5、煮汁の発色を良くするために、お玉で、すくっては落とす、
を何度か繰り返しながら冷まします。

6、もち米を、水が綺麗になるまで洗います。
新米なら6-8時間、古米なら10-12時間、煮汁に浸します。

7、浸した米をザルにあけて水切りします。
浸しておいた煮汁から300cc取り、塩を混ぜて“しと”を作っておきます。
“しと” に入れる塩は、味付けが目的ではなく、
蒸し上がって、ご飯が冷めた時に、固くなるのを防ぐためです。

8、ボウルに、水切りした米と豆を入れて混ぜ合わせます。

9、蒸し器に、濡らして絞った蒸し布を、蒸し器に広げます。

10、米を小山にして入れます。蒸気を入りやすくするため、
数か所に、指を入れて穴を開けます。

11、蒸し布で、米を包むようにして被せて蓋をします。
鍋にたっぷりの水を入れて強火にかけ、15分蒸します。

12、15分たったら、写真のように蒸し布を持ち上げて、
餅米をボウルにあけます。(この時、米はまだ硬いです)

13、作っておいた“しと”を回しかけ、かたまりになっている米をほぐしながら、
豆が割れないように注意して、切るように混ぜます。

*ボウルにあけなくて、そのまま打ち水のようにするレシピもあり
  蒸し具合を見て、お赤飯の上下をひっくり返し、
  つとで打ち水をし、更に蒸します

14、蒸し器に、蒸し布を敷き直し、米を入れて包み、
蓋をして20-30分、強火で蒸します。(今回は35分)
※15分位たったら、米の硬さを確かめるために、時々食べてチェックします。
丁度いい硬さになったら蒸し上がりです。

15、蒸しあがったら、おひつに移し、余分な蒸気を飛ばします。完成。

20120418 お家ご飯 お赤飯 レシピ

この記事のURL | お家で食事 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ハリアリ カバブ@サルヴァン 立川
2012/04/17(Tue)
 先日初訪問のお店、今度は5人で再訪です。


サモサ 2個 Samosa 2ps 野菜の揚げパイ
 先日の通り、フィリングたっぷりでおとく感とおいしさぎっしり。
 
オニオンリング 6リング Onion Ring 6rings チャナ豆粉とスパイスにつけ揚げたもの
ミントソースとともにが◎ ビールのお伴。
 

チキン 65 6個 Chicken 65 6ps 味付きチキンを揚げ、スパイスとともに料理した一品
・・・この65って何?
諸説色々
1965年の印パ戦争の際に、手早く作れて栄養がある事から、インド軍の食事として採用された
チェンナイの有名なブハリホテル(Hotel Buhari)で、1965年に作られたメニュー
YouTubeで有名なバー(Vah)シェフによると、インド軍の食堂の65番目のメニューだったから
レシピに、65個の唐辛子を使うよう書かれていたから
少数派意見のようだが、65日生育させた鶏肉を使った料理だから
65日間スパイスに鶏肉を漬け込む
はっきり云って、どれが本当だか分りません・・・・・
ちょっとエビチリっぽい味付けですが、素直にいただけます。
 
ベジタブル シークカバブ Vegetable Sheek Kabab 4ps
スパイスをきかせすりつぶした野菜を鉄串に巻きタンドールで焼いたもの
 これが意外に良かった! さすがベジタリアンの国の人が考えるものですね。
 

今日の1番
ハリアリ カバブ 3個 Hariari Kabab 3ps
グリーンスパイスをまぶした炭火焼きチキン
グリーンスパイスはマトンサグワラに近い色ですが、なんともいえないスパイシーな旨み!
わたし的にマストです(笑)
 

アロ ゴビ Aloo Gobi
スパイスをきかせたポテトとカリフラワーのバター炒め
カレーの欄にありましたが、カレーというよりは日本人感覚ではおかず的一皿
ゴビ(カリフラワー)ものに嵌まっているわたしにはとてもファイン。
プーリーとあわせて食べるとなお良いです。
 

マトンサグワラ Mutton Sagwala
ほうれん草をたっぷり使ったマトンのまろやかでヘルシーカレー
 定番ですね。素直にほうれん草が好みです。
 
チキンマカニカレー Chicken Makhani Curry
トマトソースがベースのバター風味ゆたかなマイルド&クリーミーなカレー
初めて食べる味、印象的な一皿でした。

 
ベーガンバルタ Baigan Bharta
焼いたナスをスパイスとハーブで料理したリッチ&スパイシーなカレー
先日気に入った一皿です。濃厚な味はプラタとよく合います。
 

トマトガーリックナン Tomato Garlic Naan
トマトとにんにくの相性が絶妙なナン
ちょっとイタリアン感じます。何もつけないでもおいしい。
 

プラタ ラッチェダール Paratha Lachedar
全粒粉を使って焼いた層になったパン
しっかりとした生地がバター系のカレーにぴったり。
 

プーリー Poori
全粒粉を使ったインドの揚げパン
お勧めどおりアルゴビによく似合います。ピタパンみたいにしていただきました。
 

チキンビリヤニ(ライタ付き) Chicken Biryani WITH RITA
長い粒状のバスマティ米を使用し、スパイス・ハーブで調理した鶏もも肉入りライス
 上にバティスマ米をトッピングが美しい。さすがにこの頃になるとお腹いっぱい・・・・。
 

スパイスラッシーは特注(笑) さらっとしていて良かった。

 
ラムラッシー(OLD MONK)とルーアフザミルク ROOHAFZA(MILK)
こちらは実に融通がきいて、ドリンクも自在に作ってくれます。
ルーアフザはバラの香り
 

さらにデザートはマンゴープリン
 

クルフィー Kulfi
インド風のアイスクリーム
なぜか固体度が高いアイスです。
 

キャロットハルワ Carrot Halwa
人参とバター、ミルク、ドライフルーツたっぷりのデザート ※インドの人気もの
温かくてビックリ、甘さはナチュラル、最後にふさわしいお味でした。
 
5人でメニュー食べつくし(笑)エスニックのお店はやっぱり4人前後で行くのが楽しいですね。
休日の〆にスパイスのきいたお料理で胃が休まった気がしました。

20120415 エスニック 立川

インディアンレストラン サルヴァン
[本格インド料理]

JR中央線立川駅 南口 徒歩3分
〒190-0022 東京都立川市錦町2-1-8 グリーンビルB1(地図
ぐるなびで インディアンレストラン サルヴァン の詳細情報を見る
※2012年4月17日現在の情報です
ぐるなびぐるなび
この記事のURL | エスニック | CM(0) | TB(0) | ▲ top
カマス絶品@つまみの多い鮨屋
2012/04/15(Sun)
久しぶりに訪問。
持ち込みは桜色のお酒 出羽鶴の桜絵巻
ほんのりとした甘みとすっきり感、葉桜に思いを寄せつつ乾杯!

 いつもの珍味酒肴ディオギスタン10種
今日のめふんは素晴らしい熟成感

 新もののこのわたは大好物、自家製らしく甘塩で柔らかな味覚

 あじの肝焼き
残った油にご飯投入、しみじみおいしい。

 アジは繊細

  今日の1番
カマスの焼霜
ありえないくらいおいしい・・・・・・

 定番マグロ 今日は中トロ ニンニク塩

 石鰈 塩と胆汁の珍味とともに

 ツブ貝は歯ごたえよく

 小肌の木の葉造り

 袋吊りうすにごりの満天星がきりっとして実につまみによく合いました。

わくわくして3人で賑やかに楽しんできました。 また季節が変わったら行きましょう。
これだけでなく多種多様のつまみが続きます。さらに握りも食べたうえ、2次会は中華(笑)
お鮨って、ときどき食欲爆発しすぎて危険です(笑)そして今朝はとても胃が重いです(爆)

20120414 和食 好きな店 日本酒 飲んだお酒
 
この記事のURL | 和食 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。