2017/04 ≪  2017/05 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017/06
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
夏バテによくききました(笑)@大珍楼新館 為食会
2011/07/18(Mon)

友人にお誘いいただき、宴会に参加。

今回は夏ばて回復のスタミナ料理がテーマです。


食べて、そして ときどき旅VI


紹酒冷鮑魚

冷製エゾアワビの下にチビッ子クラゲ


食べて、そして ときどき旅VI


このクラゲがいい味で絶品

食べて、そして ときどき旅VI


潮式凍大[虫介]

巨大青森産ワタリガニを、まず凍らせて凍死させてから蒸して冷製で

食べて、そして ときどき旅VI

しっとりとしてそのままでもおいしかったのだけど

ニンニク・トウガラシソースがあるとさらに中華感アップ
食べて、そして ときどき旅VI

鮑翅冬瓜船
先日も冬瓜のスープをいただきましたが、今回は趣向を変えて立てではなくて横になって登場!

食べて、そして ときどき旅VI


ふかひれのこりこり感と冬瓜の雲のような軽さ、そしてカニの旨み、一体になって美味。

食べて、そして ときどき旅VI


今日の1番

鹿跟焼婆参

鹿のアキレス腱と?ナマコの食感と上湯にくらくら

焼婆参というのは干しナマコの中でも特別大きくて上等のものらしいのですが

もしかしてこちら でいただいたのも同じものかしら。色白なのはナマコの種類によるらしい。

食べて、そして ときどき旅VI



玉串田鶏腿

カエルのお皿は軽やか、骨付きが◎

食べて、そして ときどき旅VI


蒜子扣白鱔

鰻と皮つきの豚バラをあっさりと煮込んで

これはわたし的にストライク、香港の鰻の土鍋ご飯 に通じます・・・・また食べに行きたいなあ!

ブログチェックしたら、最後に香港行ったのが2008年5月、ずいぶん行っていませんね。

食べて、そして ときどき旅VI


辣焼汁鰐
鰐を食べるのは初めてかも、黒コショウのきいた鰐の肉質はあっさりとしているのでピリッと辛く味付けされていました。社長の中でブームらしいのですが、しっぽの肉だそうです。

食べて、そして ときどき旅VI


生猛酔翁蝦

才巻に紹興酒お酌中

食べて、そして ときどき旅VI


暴れる暴れる⇒動画はこちら


酔いつぶれた海老を慎重にふたの穴から鍋に投入。これは海老が跳ねても大丈夫ないい工夫ですね。

食べて、そして ときどき旅VI


絶妙な火加減で、エビの鮮度もいいので味噌がとてもおいしい♪

海老好きの幸せ

食べて、そして ときどき旅VI


上湯浸米粉

海老をゆでた後はビーフをあっさりと煮込んで

食べて、そして ときどき旅VI



藩茄鶏炒飯

社長が冗談で『ハヤシライスです』と(笑)

トマトの酸味が夏らしく、下には炒飯・・・・このあたりでおなかがかなりいっぱい。

食べて、そして ときどき旅VI


錦綉西瓜盅

スイカには龍がきれいに掘られています。中にはスイカと杏仁豆腐

食べて、そして ときどき旅VI


スイカがおいしいなあ。なかなか買えないホールスイカをしみじみ味わいました。

食べて、そして ときどき旅VI


四式美甜点

赤ワインのもちっとしたクレープにはソーテルヌ・レーズンチョコ、キュートなカメさんは蓮の実餡、金木犀のジェレに揚げ菓子がが微妙に懐かしい味。

食べて、そして ときどき旅VI


デザートはお持ち帰りして食べたら、さらにおいしい(笑)

夏の休日の優雅な昼食会でした。ありがとうございました。


冬瓜に鰻に鰐まで、なんだか今週は身体が軽いみたい。

冷たいものばかりでなく、しっかりしたもの食べないと夏には勝てないということがよくわかりました。



20110718 中華 宴会 横浜

関連記事
この記事のURL | 中華 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://1223sakura.blog136.fc2.com/tb.php/1472-13cd1159

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。