2017/06 ≪  2017/07 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017/08
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
山の上で食べるクレソン炒め@端記茶楼 川龍村
2012/01/03(Tue)
今回の香港に来た理由の1番は『山の上でクレソン炒めを食べたい!』
前回までは師匠に連れられてだったので、一人で行くのは初挑戦。

まずは地下鉄で茎湾まで。これは比較的楽勝。茎湾線ではなくて途中まで東涌線にのったら早かった。「aruco香港」に詳しく説明されていますが、B1出口から歩道橋渡って突き当たりで右に降りる左に振り返るように歩き果物屋さんのアーケードを抜けると80番の川龍村行き乗り場。ミニバスはオクトパスカードがないと不便です。タクシーで行ってもいいけれど、帰りはタクシー呼びにくいのでミニバス乗れる用意は必要。
 
ミニバスは笑えないくらい荒っぽい運転。しっかり手すりなどにつかまっていないと飛ばされそう。香港駐在していたJIJIさんによると会社から『危ないから乗らないよう』と指導されていたとのこと。今回行きの登りより、帰りの下りのバスの運転手さんがすごかった
 
川龍村が終点なのは助かります。途中のバス停だったら降りれる気がしません
バス停から少し降りるとお店が見えてきます
 

『西洋菜』が籠に山盛り
 
駐車場側からはこんな感じ。左の方に新しい駐車場もできていました。
 

まずは2階席を確保しお茶と食器を洗杯(センパイ)し、さらにアルコールウェっティで消毒(笑)
 
まずは目的のクレソンをお願いします。
 
そういえば香港きてから焼き物食べていないなと焼豚も頼みます。
 
クレソン炒めと焼豚
鉄がまろやかで清い味がするクレソン炒め 焼豚
クレソンはオイスターソース味、今回初めて食べた焼豚がヒット。
蜜汁が焼豚に妖しく絡み、見た目以上に旨い!白飯とあわせて幸せな朝ごはん。
 
朝ご飯としては十分以上の量でしたが、点心に誘われてしまいます
大好きな海老腸粉は蒸篭には入ってないので板場に直接オーダー
腸粉がフルフル、今回の腸粉は厚みといいプルプル感がなんともいえずいい!
いままでで一番おいしいかも
 
もうお腹いっぱいのはずですが、どうしても気になったので蒸しパンも。
柏の葉がひいてあり香りよく、中には具はありませんがむっちり。
 
こちらにはお客さんが連れてきた鳥がいっぱい。
ほとんどが白い布をかけられて歌う練習中です。
 
お店の前のクレソン畑では収穫中。クレソン畑で沈まないように板を渡して上手に摘む方。
地元の方でしょうか直接クレソン一袋かって行く人もありました。
 
 
MTRとミニバス乗り継いで小1時間でいける郊外の山の中。
地球の歩き方にまで掲載されてお店が日本人でいっぱいだったらどうしようと思いましたが、そんなことはなくちょっと安心。心洗われゆったりとしたブランチでした。

20111230 香港 食事 好きな店
関連記事
この記事のURL | 海外 香港 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://1223sakura.blog136.fc2.com/tb.php/1599-88a15f20

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。