2017/08 ≪  2017/09 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017/10
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
鱈三昧@季楽の会1月
2012/01/25(Wed)
季楽の会、始まる前にちょっとフライング
いつもくどき上手のばくれんは春バージョンを飲んでいますが、
今回は初めて飲む、秋バージョンは超辛口吟醸 山田錦
春バージョンはイチゴの香りがする素直に入っていってしまう味ですが、秋バージョンは力強い辛口でした。これもこれで好きかも。

余談ですが、エチケットは喜多川歌麿の【教訓親の目鑑 俗ニ云ばくれん
魯文によると莫連とは世間ずれしてあつかましいこと。また、そういう人。すれっからし。女性についていうことが多いとのこと。現代的には 「たくましく野性的で、ほれぼれするほど勇ましい姿」、「活き活きとしたはちきれんばかりの生命力」という解釈もあるようです。

 食前酒飲んでいたら(笑)、ひとむさんがアミューズ出してくれました。
鱈の肝・・・・身体に悪いものほどおいしい!

 今回のメニューはこちら

香箱から始まって

新鮮さが命の生白子、満足   蒸したものにはからすみパウダー、贅沢すぎるお皿
 
鱈の昆布〆、絶品
 

ひとむさん一押しの鱈のそうめんはお出汁豊か
さらに白子のソテーはバターの香りが素晴らしく、量もたっぷり、1年分の白子完食(笑)
  

〆は鱈チリ
キノコがお出汁を吸って美味

 今日もたくさん飲みました

  


今回もありがとうございました。

20120120 人夢キュイジーヌ 季楽の会 飲んだお酒 日本酒 ワイン








関連記事
この記事のURL | 食のイベント:人夢キュイジーヌ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://1223sakura.blog136.fc2.com/tb.php/1607-4e646fd4

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。