2017/09 ≪  2017/10 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017/11
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
宮崎にて素晴らしいお寿司屋さんに出会う@一心鮨 光洋店
2012/03/04(Sun)



 





    

熟成の楽しみ@一心鮨 光洋 宮崎

初日 

お昼に特上鮨 お茶で

甲イカ○

水イカ

さより◎熟成

さわら◎熟成

海老○

鯖○

赤身の即席ヅケ○

鰤 熟成

かんぴょう巻き

助六お稲荷さん

穴子◎テキスチャーの素晴らしさ

玉子焼き◎ この玉子焼きは特上以上でつくようです。

 

小さな茶碗蒸し

味噌汁

柚子シャーベット

お茶

 

2日目

お任せ+ワイン・日本酒マリアージュコース
酢飯も酒粕酢で本来の昼の営業の酢飯とは異なり、夜の営業用の酢飯を用意しておいて下さいました。赤酢によく似た感じです。

高鍋(高磯?)の牡蠣のオイル漬け:とても小ぶりですが、サクサク系で旨みが凝縮

タコ(つまみ)

純米吟醸 豊盃 豊盃米と伴に

 

アラの腹側の炙り 赤柚子胡椒をのせて:ぷりぷりと歯ごたえのあるアラを地鶏に見立てての皿。赤柚子胡椒が印象的な味だったのでお店の名前きいたのですが失念。

アルザスのゲベルツと伴に(マリアージュというと軽い気がしますが、出会いもの!)

 

種子島からの初鰹

イタリアのa-into! '05 (ピエモンテ、伊)赤ワインと伴に

あえて、たっぷり練りわさびを溶かした甘醤油で。つんと抜ける練わさびとイタリアの赤が不思議な組み合わせ。

ここでは練りわさびですが、ほかのものは全てその場でおろしてくれる本わさびです。

これ以降underconstruction(笑)

 

ジェラール ゲブェルツトラミネール(アルザス、仏)金木犀とかライチの香り 金目鯛の握りと共に

 

ア・イウート '05 (ピエモンテ、伊)

 

カステラーダ'03 シャルドネ(フリウリ 伊)平目の刺身と

 

スー ロッシェ'09 ドメーヌ シャソルネイ サン ロマン(ブルゴーニュ、仏)マグロの握りと

 

ピエール オヴェルノワ サヴァニャン'03(ジュラ、仏)ウニの握りと

 

日本酒

田酒 山廃純米(青森)

伯楽星 純米吟醸(宮城)

新酒純米吟醸(山口)

山本 純米吟醸(秋田)

 

わたし的には酒飲みにこそ行って欲しいお店です!

?4兄弟が仲良いのも居心地の良さかと。



20120212 国内 宮崎 好きな店 和食 鮨 飲んだお酒 ワイン 日本酒
この記事のURL | 国内 宮崎 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://1223sakura.blog136.fc2.com/tb.php/1623-97f7c97b

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。