2017/05 ≪  2017/06 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017/07
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
ワインとともに@季楽の会 6月
2013/06/15(Sat)
恒例の季楽の会、今回はワインしばり(笑)

山ウドとサクのテリーヌ
サクは初めて食べる山菜なのでちょっと調べてみました。正式和名はセリ科シシウド属の和名「エゾニュウ」、ニョウサクとかエニョウとも呼ばれるようです。山ウドがいい感じであくと苦みが強くて好きな味なのですが、強烈なのでサクと一緒に食べるとちょうど良いあんばいでした。


四恩酒造 クレマチス2012 ロゼのスパークリング


今日のメイン 北海道からのホワイトアスパラ ウニソースかけ


合わせるのは甲州きいろ香 en Hommage à Taka2012
以下メルシャンのHPから
『2003年、ワインの香りの研究者であった故・富永 敬俊 博士は、日本固有のブドウ品種「甲州」から、初めて柑橘を想わせる香りを引き出すことに成功。その香りを活かし、まったく新しい甲州ワインのスタイルを確立したワインとして2005年に誕生したのが「シャトー・メルシャン 甲州きいろ香」です。
 そして、2012年ヴィンテージは気候条件に恵まれ大変秀逸なヴィンテージとなり、一部のキュヴェにおいては今までの同商品以上に特徴的な香りを表現することに成功しました。香りの発見から10年目を迎えた今年、この特別なキュヴェを「きいろ香」の誕生にあたり技術指導をいただいた富永博士に捧げるスペシャル・キュヴェ・ワインとして発売します。商品名にもなっている“en Hommage à Taka ”(アン・オマージュ・ア・タカ)とは、「タカ(富永博士)への敬意」を意味しています。
 ラベルデザインには、富永博士夫妻をモデルにした絵本「いとしい小鳥 きいろ」(絵・ささめやゆき/文・石津ちひろ)からイラストを採用。富永博士ご本人が遺したメッセージもラベルに記載し、「きいろ香」誕生に携わった人々の多くの思いが詰まったボトルとなりました。
 中味については、「きいろ香」の原点となった山梨市の畑、上野園の甲州のみを使用したシングル・ヴィンヤード・ワインで、香りの特徴を最大限に引き出すため無ろ過で仕上げました。バンペイユ、すだち、かぼすなどの和柑橘に加え、みかん、いよかんなどオレンジ色の果皮の柑橘類を想わせる豊かな香りとすっきりした酸が特長です。』


グリーンアスパラと海老のフリット
これにもきいろ香がよく合いました。


いさきのカルバッチョ


シャブリ、美味し♪


赤豚のハート煮


穴子のコンフィ

お腹いっぱい、お酒もいっぱい(笑)
ごちそうさまでした。

20130614 季楽の会 人夢キュイジーヌ 飲んだお酒 ワイン 








関連記事
この記事のURL | 食のイベント:人夢キュイジーヌ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://1223sakura.blog136.fc2.com/tb.php/1663-8dbf5b5f

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。