2017/07 ≪  2017/08 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017/09
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
鮎の一夜干LOVE@安春計(あすけ) 博多
2013/06/24(Mon)
友人とともに初訪問の安春計(あすけ)へ


まずは友人お手製の梅酒
花垣で漬けた梅酒はフルーティ


しょっこ
体長30センチ程度のカンパチの子供を通称「ショッコ」と呼ばれるそうです。
むっちりとした食感といい意味で油がのっていなくてさわやかな食感。


大分の赤貝
最近は東京でも大分ものが多いのですが、こちらはご近所ですので以前から大分のものがおいしいとのこと。


今日の1番、アジの炙り 柚子胡椒を添えて
くらっとするくらいおいしかった!!!


アワビ
贅沢に切っていただきました。


もろみとうに 佐賀の七山産大根とともに
玄界灘は糸島だったかなのウニにもろみをあえて、瑞々しい大根とともにいただくと、実にピッタリな組み合わせ。佐賀の七山産の大根がポイントのようです。



もうひとつの今日の1番は鮎の一夜干し!!!
くらっとするくらいおいしい。鮎フリークにはこたえられません。もう1皿食べたいかった(笑)


あんきも
碑文谷の吉法師、阿佐ケ谷のつまみの多い鮨屋に次ぐくらいおいしい。
ふわっとした食感と素晴らしい鮮度、ソースがまたよかった。


水ナスの漬物、小肌

 


かすご、おいしい。蛤

 

ウニ、穴子

 

こちらのお酒は三千盛のみでした。

そして何よりも友人たちと賑やかにおいしく楽しい時間を共有できて楽しい晩でした、

ありがとうございました♪

20130622 国内 博多 鮨 飲んだお酒 日本酒












関連記事
この記事のURL | 国内 博多 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://1223sakura.blog136.fc2.com/tb.php/1671-7108be9c

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。