2017/10 ≪  2017/11 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017/12
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
桜豚@ダンルシャン
2010/04/07(Wed)

職場近くにフレンチがオープンしたというのは知っていたのですが、先日うかがった荻窪のサンパのシェフと一緒に修行したと聞いて俄然気になったのでちょっと寄ってみました。


畑の真ん中にいきなりコンテポラリーな建物出現。

思いっきり周りから浮いているお店でした(笑)


桜のお食事日記IV


プレフィックスのMenuAです。


アミューズ 左からしいたけのディップ、鶏のリエット、リンゴとアールグレイのジャム

しいたけのディップが秀逸、香りが豊かで軽やか。

リンゴとアールグレイのジャムは紅茶の香りが利いていて大人の味。

これは気に入ったので買ってきました。


桜のお食事日記IV


旬の貝類のタルタル仕立て 東大和のブロッコリーのソースラブラブ

白っぽいのは貝のお出汁のシャーベット

シッカリ目の塩の利かせ方がワインを誘います。

そこにお出汁のシャーベットとあわせるとちょうど良い塩梅に。

桜のお食事日記IV


東大和の農園から野菜のテリーヌ

根菜のラタトイユと帆立、やさしいお味。

桜のお食事日記IV


本日のスープはルコラのスープラブラブ

本当はもっときれいな薄ミドリのスープなのですが画質調整がうまくいきませんでした。ルコラの苦味と重過ぎず軽やかなスープは好み。

桜のお食事日記IV

メイン登場 桜の塩釜
桜のお食事日記IV


桜香る千葉花悠子仔豚の岩塩包み焼き恋の矢ラブラブドキドキ

ちゃんと皮付き!桜の香りのする仔豚はなんともいえず柔らかく溶けていくようです。ひとつだけ難点をいえば皮目をもっとシッカリ焼きあげて欲しかったなあ。

この仔豚、ローストでも食べてみたいなあ。

桜のお食事日記IV


仔豚のバラの八角煮込み音譜

なぜかちゃんとフレンチになっています。トローリ溶けていくのが嬉しい。

桜のお食事日記IV

筍と桜ニョッキはちょうど良い箸休め
桜のお食事日記IV

デザートは黒糖シフォンでした。
桜のお食事日記IV


こんな鄙なるところにしては、あまりにも真っ当な今どきなフレンチが成り立っていくのだろうかと多少不安を感じないわけではないのですが、2009/9にオープンしたばかりとのこと。これからも妥協せずにアップデートしていくことを願っています。




Dans le champ (ダン ル シャン)

東京都東大和市立野1-923-1
TEL 042-563-9999
定休日:月曜・第3日曜
Lunch 12:00 - 15:30 (L.O 14:00)
Dinner 18:00 - 23:00 (L.O 21:30)

http://www.danslechamp.jp/index2.html


20100406 フレンチ・ビストロ 

関連記事
この記事のURL | フレンチ・ビストロ | CM(2) | TB(0) | ▲ top
コメント
- 2 ■Re:ここだ! -
>Dadidadiさんへ

ほんとになぜこんなところにという場所にあります!
2010/04/13 00:01  | URL | 桜 #79D/WHSg[ 編集] ▲ top
- 1 ■ここだ! -
実はここは以前雑誌で見たことがあって、行きたいレストランの候補ですが、桜さんの記事を見て、もう行く決心をしました。 (いつかにね・・・)(^o^;)
2010/04/10 19:07  | URL | Dadidadi #79D/WHSg[ 編集] ▲ top
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://1223sakura.blog136.fc2.com/tb.php/867-ec9e10d9

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。